■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「なに勘違いしているんだ。俺の正月はまだ終わっちゃいねえぜ」の巻
 時はさかのぼります。今年の正月終盤まで。


ヒロシ「はふー」


マルぼん「どうしたんだよ、カレンダーを見つめてため息なんてついて」


ヒロシ「いや、ね。明日から学校なんだよ。正月気分も今日までだなぁ、と想って」


マルぼん「すばやく気持ちを切り替えることができるし、いいと思うけどな」


ヒロシ「せめてさぁ、1月中くらいは正月気分を味わいたいな。毎月あることでもないんだし」


マルぼん「そうかぁ。わかった。こいつを使おう。『正月ムード鏡餅』。こいつを飾っている部屋には、常に正月ムードが……」


「きゃー!」。マルぼんの台詞は、絹を裂くような女性の悲鳴で中断してしまいました。声は外からしました。マルぼんとヒロシが窓を開けて外を見てみると


変質者「ち、ちかよると、自爆するどぉ!」


 両手にダイナマイトを持った、生まれたままの姿の男が、通行人に悪態をついているではありませんか。


変質者「生まれ変わったら、幸せな人生じゃ!」


 ドウッ。ダイナマイトで自爆する変質者。


ヒロシ「ぎゃー!」


 悲鳴をあげるヒロシ。ダイナマイトで粉々になった男の肉片が、ヒロシの顔にへばりついていたのです。


 そして今日。


ヒロシ「う、取れない。取れないよ、肉片がとれない。とれないよぉ」


 あの正月のことを思い出し、今日もヒロシはうなされています。おそらくはこの血塗られた正月のことを、彼が忘れる事はないでしょう。マルぼんは、いつまでも正月気分のままでいさせてくれる『正月ムード鏡餅』の
効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。