■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「タイムセールが大好きです」の巻
ヒロシ「漫画欲しいけど、金が足りねえ」


マルぼん「そんな時はこいつだ。『タイムサービススイッチ』。このスイッチを押せば、ありとあらゆるところでタイムサービスが行われる。特定の時間になれば、買いたいものの値段が割引されたり、いらないものを売れば買い取り価格が上がったりする」


ヒロシ「よし、このスイッチを押して漫画を買いに行こう。ポチっとな」


ママさん「ヒロくん」


ヒロシ「どうしたの、母さん。ナタなんかもって」


ママさん「これこれ、このチラシ」


ヒロシ「保険会社のチラシ? なになに。『加入者の方が、当社の指定した時間に亡くなったら保険金10%アップ! 蝉野生命』なるほど、お得だね。これも『タイムサービススイッチ』の効果だね」


ママさん「そうなの。だから、タイムサービスの時間帯である今に、加入者であるヒロくんに死んでもらおうと思って」


ヒロシ「アハハハハハ。そんな理由で子供を殺すな!」


ママさん「ぶべらっ!」


 ヒロくんの怒りのメガトンパンチが、ママさんにヒット! ヒロくんはマルぼんの通報で駆けつけた警察に逮捕されました。そして





裁判長「判決。あれですわ。被告人は、犯行時、母親に『金目当てで コロスよ(笑)』とか言われて精神が錯乱状態だったし、まぁ、小学生だし、未成年だし。情状酌量もありっぽいので、懲役は人より少ない5年ってとこです」



 マルぼんは、罪もタイムサービスで割引してくれた『タイムサービススイッチ』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。