■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「ポイズン」の巻
女「はい、お弁当」


男「もしかして、わざわざ作ってくれたのか」


女「な、そ、そんなわけないでしょ! 自分の分を作ろうと思っていたら、たまたま作りすぎただけなんだから! な、なんで私が、アンタのために弁当を作らないといけないのよ! かんちがいしないでよ!」


男「なーんだ。それならいいよ。ほかのヤツにあげろよ。今日はさ、凸凹山さんが弁当を作ってきてくれることになってて」


女「!? ば、ばかー!この好色色魔のろくでなしふにちゃん野郎ー!!」」


 ばきっ


男「いてええ! な、なんだ!? なんでアイツ、あんなに怒っているんだ!?」



ヒロシ「僕はたまたま、あの女の人の家を覗いていたから知っているんだけど、あのお弁当は、彼女が、あの男の人のために、わざわざ早起きして作っていたんだよ。なんでその事実を素直に話さないだろう。素直に言えば、お弁当を受け取ってもらえたのに」


マルぼん「素直になったら、あの女の人、無個性になっちゃうからねえ。彼女は近所でも有数のツンデレなんだ」


ヒロシ「なんとかあの恋、成就させてあげたいなぁ。なぜなら、『他人の恋を成就させればさせるほど、死後、よりステータスの高い存在に転生できるんよ!』と、ルナちゃんにいただいた(15万円)本に書いてあった
から」


マルぼん「ようするに、素直になれない人が素直になれる機密道具をだせ、と」


ヒロシ「イエス」


マルぼん「『いいたいこともいえないこんなよモナカ』。このモナカを食したら、言いたいのに言えない、素直になれないオバカサンでも、本音を話してしまうようになるの」


ヒロシ「よし。これでいこう、そこのおじょうさん、これを食わないと命を奪った後、山奥に遺棄します」


女「えええ!?」


ヒロシ「食うか死ぬか、どちらかを選べ! 墓か山か、どちらで眠るかさぁ選べ!」


女「なんなのこの子!」


ヒロシ「名乗るほどのものではない。町のかわいそうな少年さ! かわいそうだと思うなら、食うか死ぬか選べ!」


女「近づかないで!」


男「ちぇすとー!」


女「!!」


ヒロシ「!!」


 さきほどの男の一撃が、大沼ヒロシさん(小学生)の顔面に直撃。なんということでしょう。男は色々と達人だったのです。


男「おい、大丈夫か」


女「な、なによ。よけいなことしないでよ! いま、己の力でこいつを倒そうと思っていたんだから…!」


男「悪態つけるなら、大丈夫そうだな」


女「今笑ったな! なによ、なによ、なによー!」


男「わかってるよ。わかってるー」


 去っていくバカップル。『いいたいこともいえないこんなよモナカ』なんてなくても、2人の絆は深いようです。ああ、むかつく。死んだらええねん、とマルぼんは思いました。強く思いました。そんなことより


マルぼん「おい、大丈夫かヒロシ」


 通りすがりの医者「どうかしましたか」


マルぼん「ドクター! 実はツレがこんな状態に」


通りすがりの医者「どれどれ。むう。これはーこの状態わー」


マルぼん「どうなんです」


通りすがりの医者「いや、その。うむ。家族の方がいないと。うぬ。むう。あの、その。ごほんごほん。えっと…」


マルぼん「ええい、口をつぐみおって! この『いいたいこともいえないこんなよモナカ』を食らえ!」


通りすがりの医者「もぐもぐ。あううう。死にます、この人、死にますー! あと3秒で!」


 マルぼんは『いいたいこともいえないこんなよモナカ』が無駄にならなくてよかったと思いました



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad