■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「さよならモンキーまたきてゴリラ」の巻
ヒロシ「ふええ。宿題の国語ドリルが難しいよう」


マルぼん「どれどれ。この未来大学主席卒業のマルぼんにまかせてみ」


宿題『兵庫県に住む、公務員のZ氏は、愛する妻と子供を出刃包丁で刺し殺してしまいました。警官が駆けつけた時は、血の海の中で、Z氏は泣いていました。妻と息子の亡骸を抱きしめて。なぜ…なぜ彼は、愛するもの命を自ら奪ったのでしょうか。50字以内で答えなさい』


マルぼん「むずいな」


ヒロシ「だろ? ねえ、宿題を簡単にできる機密道具をだしてくれよ」


マルぼん「『簡炭』。この練炭を燃やして発生した煙を浴びたら、どんなものでも簡単になる。ほれ」


『簡炭』の煙で、国語ドリルを焙るマルぼん。するとどうでしょう!

宿題『国語はなんと読むのでしょうか』



ヒロシ「うそみたく簡単になった!」


マルぼん「『簡炭』の効果は絶大なのさ。よし。宿題も完了したし、遊びに行こう」


 マルぼんたちは『簡炭』を放置してでかけてしまいました。窓を開けっ放しで。


そして数時間後。家に帰ってみると。


パパさん「ほう、今夜はからあげか。どれどれひとつ」


ママさん「あ、あなた。つまみぐいはだめよ」


 パパさんを包丁で刺すママさん。


ママさん「だってつまみぐいするから」


ヒロシ「簡単に夫を刺しちゃダメ!」


ママさん「そうね、ごめんなさい。謝ってくるわ。地獄で。ぶしゅ」


ヒロシ「簡単に自ら命を絶っちゃダメ!」


警官「殺人事件ですって?」


ヒロシ「実はかくかくしかじかで、犯人である母は、苦しみも悲しみもない世界へと旅立ちました」


警官「そうですか。なら、あなたが犯人でいいです」


ヒロシ「簡単に事件を解決しちゃダメ!」


警官「あ、部長ですか? 犯人捕まえました。はい、今から裁判ですか?。はい、はい。判決は死刑ですね、りょーかーい」


ヒロシ「簡単に判決を下したらダメ!」


警官「はい、この拳銃をどうぞ」


ヒロシ「簡単に死刑執行の道具を決めちゃダメ!」


警官「はい、執行」


ヒロシ「簡単に最後の武器の引き金をひいちゃダメ!」 


マルぼん「ゲームしよう、ゲーム」


ヒロシ(草葉の陰在住)「簡単に思い出にしちゃダメ!」




スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。