■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「とくにおちもない話」の巻
 ヒロシが真剣な顔をしてパソコンに向かっていたので「どうしたのカナ? 調べ物カナ? 西野カナ?」と尋ねてみると


「働かずに楽して暮らしたい」とか


「今の親は偽者で、本当の親は大金持ち。今まさに、リムジンで僕を迎えにきている」とか


「知り合いの臓器を合法的に売る方法」とか、そんな不吉ワードを検索していました。


マルぼん「貴様! 楽して金持ちになりたいとか、ロクな考えじゃないぞ!?」


ヒロシ「ああー水道の水がある日突然、石油にならねえかなー」


 マルぼんは無言でヒロシをなぐっていました。


ヒロシ「なにをいたす、下郎!! であえー国家権力であえー!!」


マルぼん「うるさい!! 殴ったほうも痛いんだ(心が!!)」


 マルぼんは、見ていると努力の大切さが身に染みて分かる観葉植物型機密道具『努緑』を出し、「汗水流して働くことの大切さ」「楽して稼いだ金は身につかない」と、ヒロシに説教をしました。その説教の成果もあり、ヒロシはようやく働くことを決意してくれたのです。


ヒロシ「ただ働くだけじゃ、ダメだと思う。僕、ヘルパーの資格をとろうと思うんだ。そして、福祉の仕事に従事する」


 すぐに行動にうつすヒロシ。ヘルパーの資格をとった現在、ホームヘルパーとしてあちこちのお年寄りに家を飛び回っています。マルぼんも一安心です。



ヒロシ「おばあちゃん、こんにちは」


おばあちゃん「ああ、大沼さん。こんにちは」


ヒロシ「さっそく掃除からするね。あ」


おばあちゃん「どうしたの?」


ヒロシ「おばあちゃん。通帳だしっぱなしだよ。危ないよ」


おばあちゃん「そうかねえ」


ヒロシ「おばあちゃん。よかったら、僕が預かっておこうか」


おばあちゃん「いつも熱心にやってくれる大沼さんなら、安心だわ。
あずかってちょうだい」


ヒロシ「よし。きちんと預かっておくから安心してね。絶対きちんと預かっておくから
安心してね。絶対勝手につかわないし。うん。つかわないし。熱心に働いていたのも、
別に信用を得るためとかそんなんじゃないし。うん。ないし」



 くどいようですが、一安心です。

スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。