FC2ブログ
 
■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「美しい世界」の巻
ヒロシ「戦争。紛争。内乱。テロ。暴動。家庭内暴力。虐待。横行する未成年の犯罪。なにこれ? なにこれ? なんなのこの世界? こんな思いやりのない世界が、本当に僕らの宇宙船地球号なの!?」


マルぼん「あ、また宗教の本を読んだな。ルナちゃんも勧誘目的でヒロシを誘惑しないでほしいよ」


ヒロシ「世界を思いやりで満たしてしまうような機密道具だしてよ!!」


マルぼん「はい『思い槍』。未来の世界では、人の善行が数値で測れるようになったんだ。この『思い槍』はその数値を探知する機能がついていて、一定数の善行値に達しない人の心臓を貫いていく。善行値はよい行いをしないと自然に下がっていくから、人は常によい行いをしないといけなくなる」


ヒロシ「なるほど」


マルぼん「未来の世界ではこの槍の量産化と、低価格販売に成功しているから、思いやりがあふれる理想郷と化しているんだ。こいつを世界中にばら撒こう!」


ヒロシ「やさしさのパラダイスの誕生!」


 こうして地球は、やさしさの満ち溢れる世界になりました。数日後。


金歯「ほら、金でおじゃる! 寄付でおじゃる!」


 老人ホームの郵便受けに大量の札束を押し込んでいる金歯。これ、善行のつもりです。


 金のプレゼントは善行の中でも最低ランクで、アップする善行値は微々たるもの。とりあえず大量に寄付すればそれなりの善行値にはなるのですが、とにかく必死です。


ヒロシ「いやー。うつくしいうつくしい。うつくしい世界だ」


『思い槍』の効果が知れ渡って、皆、他人を思いやる行為を先を争うようにやっているのです。


通行人「このおばあさんが道路を渡るのをたすけるのは俺だ!」


通行人B「私よ!!」


 言い争う通行人たち。みんなが進んで人助けをするので、助けを必要とされている人が足りないのが現状なのです。


ナウマン象「たすけて!!」


 ナウマン象が町に放置されている『思い槍』のひとつに追いかけられています。善行値が一定数に達していないのです。


ヒロシ「あいつ、善行は下手だからなぁ」


 微笑むヒロシでしたが、逃げるナウマン象に衝突して吹っ飛び、電柱に頭をぶつけて動かなくなりました。


ナウマン象「し、しまった! 大丈夫か、大丈夫か、ヒロシ!!」


 ヒロシを介抱するナウマン象。と、そのとき『ピコーン』という音が『思い槍』からしました。この音は、標的の善行値が一定数に達したのを『思い槍』が察知したときに鳴る音です。


ナウマン象「助かった…?」


 『思い槍』に関係するのは善行値のみ。善行値はよい行いをしなければ下がりますが、別に悪いことをしても下がりません。


ナウマン象「そうだ! 人助けを必要とする人がいないなら、自分で作っちまえばいいんだ!!」


 事態を見守っていたマルぼんを鈍器で殴るナウマン象。薄れ行く意識の中マルぼんは、「大丈夫かマルぼん」とか白々しく言っているナウマン象が心底憎らしく思えました。


 この方法はまたたくに広がり、助ける相手欲しさに暴行事件を起こす馬鹿や、復興支援する国欲しさにミサイルを発射する国なんかが続出。


 こうして地球は、やさしさと恐怖の満ち溢れる世界になりました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「自然を守れ」の巻
マルぼん「今日はとても夢のある機密道具を用意しました」


ヒロシ「なにこれ。単なるシャベルみたいだけど…」


マルぼん「こいつで庭に穴を掘ってください」


ヒロシ「宿題を忘れたとき、懲罰で学校運営の鉱山で働かされていたから、朝飯前さ。はい、掘りました」


マルぼん「では、なんでもいいから埋めてください」

ヒロシ「そうだな。なら、ちょうど持っていたこの手りゅう弾を」


マルぼん「手りゅう弾を埋めたところに水をかけると。あら不思議。木が生えてきますね」


ヒロシ「生えた木に実がなった。あ、実の中から大量の手りゅう弾が!」


マルぼん「このスコップは『夢スコップ』という機密道具。こいつで掘った穴になにか埋めると、埋めたものが実として生る木が生えるのです」


ヒロシ「こいつはすごい。そうだ、ルナちゃんを呼んで夢を育もう。夢を、夢を夢を、夢を育もう!!」


 で、

ルナちゃん「たいそう夢のある機密道具だわ!」


 さんざん楽しんだ2人なのですが。

ヒロシ「お楽しみのところ悪いんだけど、もう夜の2時。小学生がたむろする時間じゃないよ。そろそろ解散しようや」


ルナちゃん「固いこと言わないで。夢あふれる世の中を祝って今夜は夜通し宴会よ」


ヒロシ「やめろよ。帰れよ」


ルナちゃん「うおー」


ヒロシ「かえ…かえれよ……」


ルナちゃん「うおーうおー」


ヒロシ「うるさい…うるさい…眠れないよ…ブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ……」


 安全装置を外した手りゅう弾片をルナちゃん向かって、放り投げるヒロシ。悲鳴と爆音で我に返ります。


ヒロシ「えらいことしてもうた! 貴重なルナちゃんを、たんなる肉片にしてもうた! 隠さなきゃ!」


 その後、ルナちゃんの肉片を埋めて隠したヒロシでしたが、「夢スコップ」を使っちゃったので、ルナちゃんが大量になる木が生えて、さぁ、大変。はい、ハーレムEND。

日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「ヒロシ、世俗を捨てる」の巻
※今回のヒロシは、世をはかなんで出家して、雲戒という名前になっている設定です。


雲戒「母上! 母上はいずこか!」


マルぼん「ママさんなら『新しいお父さん、できちゃうかもよ?』と言って、でかいボストンバックを抱えて出かけて行ったよ」


雲戒「な、なんと。今日はナウマン象やルナちゃんと『ママキング』に興じる予定だったというのに」


 『ママキング』は、互いの母親を戦わせ最後まで生き残った人が勝利という最近微笑町で大ブームのゲームです。近々、法律で規制される予定もあるとかないとか。


雲戒「マルぼん、今すぐに母上を用意してほしいのだが」


マルぼん「むう。そんな機密道具はないなぁ。あ、そうだ。あそこならあるかも」


雲戒「あそこ?」


 マルぼんは雲戒をタイムマシンに乗せ、未来の世界へと旅立ちました。


マルぼん「さぁ到着。ここは未来の世界の100円ショップさ」


雲戒「色々売っているみたいだな。…これは?」


マルぼん「100円臓器」


雲戒「キモい! キモい! って、臓器もあるってことは」


マルぼん「そう。あるんだ。100円人間」


雲戒「命、安っ」


 未来の世界の100円ショップには人間だって売っています。陳列されている100円人間たちを前に、絶句している雲戒上人。


マルぼん「いや、100円といっても、きちんと国籍のある人間じゃないんだ。100円販売のために科学の力で量産された人間なの」


雲戒「でも。100円人間といえども人間は人間。嫌がることを無理強いするのは…仏道的にどうかと…」


マルぼん「安心して。100円人間たちもきちんと納得しているから。その証拠にほら。陳列されている100円人間たちはみんな満面の笑みだろ」


100円人間A「HAHAHA!」


100円人間B「素敵な運命。私の運命」


100円人間C「お坊さん。お坊さん。あなたに会えた今日という日の記念に、ガッチリと握手をしましょう」


マルぼん「ほらほら。みんな明るいだろー。未来の世界は平和だろー」


雲戒「今の100円人間…握手するフリして紙くずを手渡してきたんだけど…。
それに『ヘルプミー』って書いてあるんだけど…しかも、血で」


マルぼん「はいはい、人権万歳人権万歳」


 適当な100円人間さんを購入し、ママさんということにして『ママキング』に参戦した雲戒上人。


ルナちゃん「ママ、火炎放射よ!!」


雲戒「させるかっ!! 母上、突き刺す(出刃包丁で)攻撃!」


ルナちゃん「ああん! ママがぁ、ルナのママがぁ」


ナウマン象「雲戒のママさん、強え…」


金歯「顔が変わってから鬼でおじゃるな、鬼」


雲戒「100円なのに…正直驚きました」


100円ママ「驚きの安さで驚きの品質。これぞ未来の世界の科学力なのです。あ、これお弁当。いっぱい食べてね」


雲戒「このきんぴらごぼうの旨いこと! ぶっちゃけ、わが子を放置してどこかの馬の骨と一緒に愛と言う名の泉につかる
本物より、よっぽど母上らしい…」


100円ママ「恐悦至極」


雲戒「あ、あの…もしよろしければ、拙僧の母上に…なってくれませんでしょうか」


100円ママ「OKです。OKですよん」


雲戒「や、やった…」


100円ママ「お、おお、おおーけーですーけーですーおーけーですですーでででですーおけおけおけおけけけけけけおおおんおんおんんんんOKOKOKOKOKO」


雲戒「は、母上…!?」


100円ママ「きょえー!!」


雲戒「や、やめてください…ぐ、ぐるじい…」


 鬼のような形相で、雲戒上人の首を絞める100円ママ。まぁ、あれです。100円は100円。以上、親くらいは、デパートや百貨店で売っている高価なものを買ったほうがよいというお話でした。まったねー。


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「生きよう。みんなで」の巻
ビデオ『人間もまた自然の一部であるのです』


マルぼん「ヒロシくん、なんのビデオを観ているの?」


ヒロシ「ルナちゃんが貸してくれたビデオ。『別に絶対間違いなく宗教とか関係ない、観れば心が綺麗になるビデオ』なんだって」


マルぼん「のめりこむのは、懐に余裕がある時にしておくれよ」


ビデオ『人間は1人では生きてはいけません。他の、たくさんの人たちの力で生きているのです。それを実感しましょう。そのためには、この霊験あらたかなツボを』


ヒロシ「ツボとか必要なしに、『たくさんの人たちの力で生きている自分』を実感したいなぁ」


マルぼん「『じっカンバッヂ』。こいつをつけていれば、実感したことをすぐに実感できる事態に遭遇できる」


ヒロシ「へえ」


『じっカンバッヂ』をつけて外出するヒロシ。しばらくして。


ヒロシ「きゅう~げふっ」


ナウマン象「や、やってしまったぞ。死んだ!」


金歯「そ、そんなそんなばかなでおじゃる」


ルナちゃん「どうします!? どうします!? やっぱ自首!?」


金歯「いや、いや。朕に良い考えがあるでおじゃる。ヒロシは『死んでいないこと』にするのでおじゃるよ。ヒロシの携帯電話もここにあることだし」


ルナちゃん「?」


翌日


ナウマン象「え、大沼君ですか。ええ、昨日一緒に遊びましたよ。元気そうでした」


金歯「昨日、電話がかかってきたでおじゃる。着信履歴にも、ほらこのとおり」


ルナちゃん「昨日、『これから長い旅にでる』とか言っていました、大沼くん」


警官「こりゃ失踪だな」


警官「失踪だ、失踪」


警官「生きているみたいだし。よかったな。はい、捜査終了~」


 こうしてヒロシは、みんなの力で生きていることになりました。マルぼんは『じっカンバッヂ』の効果は絶大だと思いました。

日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「娯楽作品(思想入り)」の巻
ヒロシ「ただいまー。おなか減ったよー。今日の晩御飯なにー?」


 晩御飯を作ってくれるママさんが、数年前に「蕎麦屋へ器を返しにいく」と出て行ったきり帰ってこないことに気づいていながら、言わずにはいられないヒロシなのでしたー。


ヒロシ「あ、赤飯が炊いてあるじゃないか!」


 なんということでしょう。食卓には大量の赤飯が置かれているではないありませんか。


ヒロシ「うわー。何週間ぶりのまともな食事だろう! もぐもぐ。おいしいおいしい!」


マルぼん「あ、おまえ…、その赤飯は機密道具だぞ」


ヒロシ「え!?」


マルぼん「未来の世界では『子供が選ぶ将来なりたい職業ランキング』で一位に輝くほど、赤飯が人気なんだ。でも、赤飯は祝い事があるときしか食べることができないと法律で決まっている。法律を破ったら、男子は去勢されるちまう。そこで考えられたのが、この機密道具」


「祝い事がなければ食べてはいけないのなら、食べれは祝い事がおこるようにすればいい」という発想で作られた、『祝い事赤飯』です。


マルぼん「食べれば祝い事がおこる」


ヒロシ「なんだ、よいことじゃないか」


マルぼん「食べれば食べるほど、ビッグな祝い事がおこるんだ。ヒロシくん、あんんだけの量を全部食べちまって…」


ヒロシ「う。急に吐き気が…しかもすっぱいものが食べたくなってきた。そしてなんだ、この、
なにかを守りたくなるこの感情!」


マルぼん「これはまさか!」


マルぼん「…おめでとう」


 全ての母たちへ、ありがとう。



日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「軽くなりたい」の巻
 ナウマン象「今夜のうちに町を逃げ出さないと、地元のヤクザにトンでもねえ目にあうんだよ! さっさと、俺ンちの荷物を運び出せよう!」


 ナウマン象一家の夜逃げを手伝うハメになったヒロシ。


ヒロシ「ひえええ、こんなたくさんの重い荷物、僕は運べないよう」


マルぼん「『軽々てぶくろ』。この手ぶくろをはめて物を運ぶと、そのものがどんなに重くても軽く感じるようになる」



ヒロシ「本当だ! この、なぜかコンクリートがぎっちり詰まっているドラム缶も、嘘みたいに軽く感じるぞ。これなら、簡単に運ぶことができる!」


 ヒロシは無事にナウマン象の家の家具を運び出すことができました。ナウマン象の恐れるヤクザにもきちんと「ナウマン象のやろう、逃げ出そうとしていますよ」と連絡をいれ、ヒロシは無事に解放されたです。


ヒロシ「今度はあれだよ。善意で誰かの荷物運びを手伝いたいな。この手ぶくろがあれば、どんなものでも軽く感じるんだし」


マルぼん「おいみろよ、あそこで何人かの暗い顔をした男性が、みんなでひとつのものを運んでいるぞ。きっととても重いんだ」


ヒロシ「よし、手伝ってこよう!」


 ヒロシとマルぼんは、『軽々てぶくろ』を装着して、荷物運びに参加しました。


ヒロシ「あれ、運んでいる人々、なぜかみんな喪服?」


マルぼん「あれ、この運んでいるものって、もしかして、棺桶」


運んでいた人A「しかしとんでもねえじいさんだったな」


 棺桶を運んでいた男性の顔が、あんなに暗かった男性の顔が、笑顔になっていました。


運んでいた人B「強欲で」


運んでいた人C「色情狂で」


運んでいた人D「いなくなってせいせいした!」


参列者A「もう、そこらへんの公園で燃やさない?」


参列者B「キャンプファイアーみたーい!」


 マルぼんは、荷物の中身の扱いまで軽くしてしまう「反重力てぶろく」の効果は絶大だと思いました。




日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「ゴミやしきVSヒロシ」の巻
 最近、あちこちから意味のわかんないゴミを持ち帰ってくる大沼ヒロシさん。持ち込まれたゴミはいつしか大量となっており。


ヒロシ「城だ、ここは僕の城だ!」


マルぼん「城は城でも、ゴミの城じゃねえか! どうするよ、近隣住民とは対立するし、マスコミは来るし」


ヒロシ「ゴミじゃありませんですぅ。財産ですぅ」


マルぼん「むかつく!」


 むかつくけど最後の手段には出れませんので、マルぼんは機密道具を出すことにしました。


マルぼん「『拾い物禁止スプレー』。えいっ」


ヒロシ「ああ、へんな物を吹き付けやがって!」


マルぼん「おい、そこに壊れたテレビが落ちているぞ」


ヒロシ「あ、本当だ! 財産だ! あれ!?」


 ヒロシが近づくと、壊れたテレビに足が生え、勝手に動き始めました。


 テレビだけではありません。落ちていた空き缶も、落ちていた漫画の本も、落ちていたなぜか頭部だけ切断されているあやしい人形も、ヒロシが近づくと足が生えて、逃げていってしまいます。


マルぼん「このスプレーをかけられた人が近づくと、落ちている物は拾われまいと逃げ出すようになるんだ。みらいのせかいでは、ゴミ屋敷の主人とかに強制的に使用される機密道具さ」


ヒロシ「ちくしょう、僕の負けだ。もうゴミ拾いはやめる!」


マルぼん「それがいいよ。落ちているものを拾うなんて、極力止めたほうがいいんだ」


通行人「たいへんだ、暴れ牛の群れがこちらにむかっているぞ!」


マルぼん「え?」


暴れ牛の群「ンモー!!」


ヒロシ「うぎゃー」


 暴れ牛の群れの恐ろしい突撃。幸いにもマルぼんたちは命を拾うことができましたが、ヒロシは……


 マルぼんは、命すら拾わせてくれない『拾い物禁止スプレー』の効果は
絶大だと思いました。



日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「ルナちゃんの最期」の巻
ヒロシ「マルぼん、一大事だ! サユリちゃんが、槍杉のやつと2人きりの集団下校を!」


マルぼん「なにー!! よし、こいつを使え。『純愛スプレー』。こいつを体に吹き付ければ、どんな行動も純愛故の行動と認められる」


ルナちゃん「ちょ、ちょっと!」


ヒロシ「サユリ…サユリィ!!」


マルぼん「サユリ萌え。子供が生まれたらサユリとなづける」


ルナちゃん「サユリってどこの馬の骨!?」


マルぼん「馬の骨って……『マルぼんと暮らす』のヒロインである僕らのサユリちゃんになんて言い草だ、この女は」


ルナちゃん「ヒロイン!? ヒロインは私でしょ!? ちっちゃなレディ・ルナちゃんでしょ!?」


ヒロシ「はぁ?」


マルぼん「ヒロインはサユリちゃんだよ。ちゃんとキャラソンもある」





赤いスカーフなびかせて~



荷馬車に乗ってやってきた~



太陽よりもあったかく~



そよ風みたいにさわやかで~



春風みたいにやさしいね~



宗教勧誘してこない 僕らのヒロイン サユリちゃん~





ルナちゃん「なんて不快な歌!!」


ヒロシ「マルぼん、こんなヒロインもどきは永久に放置して、『純愛スプレー』を使って、サユリちゃんのプライバシーを垣間見ようぜ」


マルぼん「そいつは良策! よ、平成の諸葛亮!!」


ルナちゃん「こ、こいつら! 私というヒロインの存在をなかったことにするつもりだ!!」


 こうしてルナちゃんの女の戦いが開始されました。数日後。


マルぼん「ニワニ、アル。ミテハイケナイ…ミタラ、シヌ…ニホンゴ、ムズカシイ……」


尊師「なんかブツブツいっておるぞ」


ルナちゃん「大丈夫です。自白剤の効果が残っているだけですから。それよりこれ、これです」


尊師「それが機密道具というやつか」


ルナちゃん「クロロホルムで眠らせて拉致し、自白剤を100リットルくらい投与して判明させた機密道具『あつ貝』ですわ。この貝を食べた人は、オニのように大きな扱いをされるようになるのです。これで私は真ヒロイン!」


尊師「え、それだけのために教団の諜報部を利用したの?」


ルナちゃん「(無視して)いざ、食します!」


ポリスメン「そこまでだ!!」





ニュース『高価なツボを「病気が治ります」などと言って売りさばいてた宗教団体が摘発され、ルナちゃん他数名が逮捕されました』


ニュース『教祖が未成年の信徒に暴力を振るったとして、ルナちゃん他数名が逮捕されました』


ニュース『調べによると、ルナちゃん容疑者は…』


ニュース『ルナちゃん受刑者の刑の執行が……』




ヒロシ「しっかし、今回の事件、なんでルナちゃんの扱いが大きいんだ?」


マルぼん「さぁ?」




日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)