■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「転校生騒動」の巻
マルぼん「なに、転校生の美少女とお近づきになる機密道具がほしい? へえ。転校生なんてきたんだ、きみのクラス」


ヒロシ「いや、転校生なんていないよ。だから、転校生が来る機密道具がほしいの」


マルぼん「『フラグ食パン』。この食パンを口にくわえて『わー遅刻遅刻~』と叫びながら
町中を走る。走っている最中にぶつかった同世代の人が、翌日、自分のクラスに転校生としてやってくる」


ヒロシ「わーい!」


 さっそく、『フラグ食パン』を加えてしまったヒロシですが、家をでるなり、変なおっさんにぶつかってしまいました。


おっさん「いてて」


ヒロシ「おっさんでも転校生としてくるの!?」


マルぼん「『フラグ食パン』の効果は同年代のみのはず。さすがにおっさんは無理だ。……って、あ、ああ!?」


 マルぼんびっくり。なんと、微笑町とは20年以上戦争中である隣の薄笑町の戦闘機が空を飛んでいたのです。それも大量に。戦闘機の爆撃で、火の海となる微笑町。


 この日の爆撃が決め手となり、微笑町は薄笑町に降伏。戦争は終結しました。


 半年後。学校の校庭で再開された青空授業。


ドクロまんじゅう(担任)「えー、転校生を紹介する」


おっさん「こんにちは」


ヒロシ「あ! あのときのおっさん!」


おっさん「あ、あのときの!」


ドクロまんじゅう「なんだ、大沼は知り合いか? このおっさんくんは、戦争のせいで子供のころに勉強ができなかったから、やり直すために入りなおしてきたんだ。仲良くしてやるように」


 おっさんまで転校生にしてしまう『フラグ食パン』の効果は絶大だと、マルぼんは思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。