■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシは名ピッチャー!?」の巻
ヒロシ「最近は野球選手、それもピッチャーになりたいという思いがふつふつと湧いてきました。その想いの強さは、あの日、僕から家族を奪った戦争に対する憎しみと同程度であると、もっぱらの評判です。」


マルぼん「努力しなよ、努力は美しいよ。かわいいよ。かわいいは正義だよ」


ヒロシ「僕は理想と努力とマズい飯は大嫌いなの! 戦争と同じくらい嫌いなの!」


マルぼん「機密道具を出せと?」


ヒロシ「イエス! イエス! 名投手になれる機密道具を! この場に出しておくれよ!」


マルぼん「『なゲル』。このゲルを利き腕に塗れば、『投げる』という動作がとても上手に行えるようになる」


ヒロシ「すばらしい機密道具!」


 さっそく『なゲル』を利き腕に塗り続けるヒロシ。そうしているうちに。


ヒロシ「ぼぼぼぼぼぼくの利き腕が、なんかこう、、なんかこう、君の悪いメタモルフォーゼを遂げた! まるでタコの足みたいだっ」


マルぼん「ああ、副作用だな」


 今回の件で、ヒロシは、マルぼんを含めた『現代に生きるちょっと不思議な生物』全体に、「安易に道具や魔法の力に頼ってもいいものか?」という疑問を投げかけたのでした。


 疑問とかを投げかけられるようになったヒロシ。マルぼんは『なゲル』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。