■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシの帰還」の巻
ヒロシ「借りた金の返済日が今日だ! ひぃー! 少ししかお金を用意できなかったよう!」


マルぼん「『ローンモカコーヒー』。このコーヒーを飲めば、なにかを返す際、ローンでの返却が可能になる。反対に、自分が貸したものがローンで返ってきたりもする。このコーヒーを飲んで、とりあえず今用意できたお金だけを返しにいくといい。残りは後日でもいいことになるはずだから」


ヒロシ「ようし、ごくごく。これでオッケーだ!」


未亡人「もしー」


ヒロシ「あ、お隣の未亡人!」


未亡人「実は重いものを運ぶことになりまして、とても私1人で運べそうにないのです。もしよかったら、手を貸していただけませんか」


ヒロシ「よよよよろこんで! さぁ、行きましょう、未亡人!」


未亡人「はい」


 30分後。隣の家から悲鳴が聞こえてきました。そしてヒロシは帰宅しませんでした。


 大沼宅の庭に、ヒロシの体の一部と思われるものが投げ込まれているのが発見されたのは数日後のことでした。さらに数日後、同じ人間のものと思われる体の一部が投げ込まれているのが発見。その数日後も同じように。さらに数日後も。結局、ヒロシが完全に戻ってくるのには数年かかりました。未亡人が逮捕されるのにも、同じくらいかかりました。マルぼんはなんでもローン返済可能にしてしまう『ローンモカコーヒー』の効果は絶大だと思いました。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。