■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「サービスサービス」の巻
 ヒロシ「ボクの人生にはサービスシーンが足りない、サービスシーンが!」


「扉を開けたら、部屋の中で妹が着替えの最中」「風呂に入ろうとしたら、姉が既に入浴中」そんなサービスシーンが、ギャルゲーの主人公みたいな役得が、ヒロシは欲しいというのです。


マルぼん「『サービスシーン手袋』。この手袋をつけてドアを開けると、その部屋のなかでは必ず、サービスシーンとなるような光景が繰り広げられているようになる」


ヒロシ「わーいわーい!」


 ヒロシはさっそく『サービスシーン手袋』を装着して、適当な部屋の扉を開けました。


ママさん「シャチョさあん。あふんあはん」


シャチョさん「奥さん、ああ、奥さん」


 ママさんと、ママさんのパート先のシャチョさんのサービスシーンが繰り広げられていました。ヒロシの名字が変わったのは数ヶ月後のことでした。



スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。