■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「奇跡を呼ぶ男」の巻
 これはまだ、ヒロシが前の職場(独居老人に浄水器を売る仕事)にいた頃の話。ヒロシと同じ部署に、花村先輩という人がいました。


 ある日、この先輩が病気に罹ってしまいました。命の危険を考えざるを得ない、重い病です。


花村先輩「俺もいよいよ、年貢の納め時かな。穏やかに死を待つよ」


ヒロシ「先輩。気を落とさないでくださいよ。奇跡はきっと起こります」


花村先輩「起こらないから奇跡という古い言葉を知らないのか。奇跡は遠い。あまりにも遠いんだ」


ヒロシ「確かに遠いかもしれません。でも、近づくことはできるのではないですか。なにもしなければ起こる奇跡も起きません。自分から行動したやつにだけ奇跡は起こると俺は思うんです。ただ死を待つだけなんて、命の無駄遣いです。足掻きましょう。無様でも惨めでも足掻きましょう。足掻きに足掻いて、遠くにいる奇跡を呼びつけてやりましょうよ」


花村先輩「そうか。そうだよな。ありがとうヒロシ。どうせ死ぬなら足掻いてやる。足掻きまくってやるよ」


 その日から、花村先輩は変わりました。早寝早起きを心がけ、暴飲暴食を控えて上に、バランスのとれた食事。1日1箱以上吸っていたタバコはピタリとやめて、浴びるように飲んでいた酒は適量に。趣味に力をいれてストレスをためないようにし、毎朝のジョギングで運動不足におさらば。インターネットで日本各地の名医を調べては訪ね歩き、西洋医学も東洋医学も試せるものは全て試す。これらのことを会社を辞めずに続ける。そんな花村先輩が、ヒロシには輝いて見えました。


 花村先輩の努力は奇跡を呼びました。半年後、花村先輩の病気はすっかり治っていたのです。


花村先輩「ヒロシ。おまえのおかげだよ」


ヒロシ「そんなことありません。すべては先輩の努力の結果です。先輩が奇跡を呼んだんです」


花村先輩「ありがとう。ありがとうな」


 しかし半年後。花村先輩の病気は、再発してしまいました。それも前よりもひどい状態で。さすがにかける言葉がみつからないヒロシでしたが、花村先輩の顔は笑顔でした。


花村先輩「奇跡は何度でも起こる。いや、起こして見せる」


 花村先輩は、前以上に努力しました。国内だけではなく海外の医者を尋ねるようになり、万病に効くという薬草の自主栽培もはじめ、自然が多く環境の良い場所に引っ越し、運動量も増やす。今では会社の昼休みにもジョギングをしているくらい。ジョギングをしている時の花村先輩は楽しそうな笑顔を浮かべており、とてもじゃないけれど闘病をしているようには見えない素敵なもので、ヒロシはこの笑顔がたまらなく好きになりました。そして再び奇跡は起きました。先輩の病気は、治ったのです。奇跡は二度起こったのです。


ヒロシ「先輩は本当にすごいです」


花村先輩「あのさ、ヒロシ。病気の治った記念ってわけではないけれど、今度引っ越しすることにしたんだ。微笑町から離れているだがが、自然がたくさんある素晴らしい場所なんだ。今度遊びに来てくれ」


 花村先輩に二度目の快気祝いが終わった数週間後。いつもより仕事が遅くなったヒロシが資料室の前を通りかかったときの事。日頃、誰も寄り付かない資料室に誰かがいることに気づきました。泥棒かなにかかもしれない。気づかれないように資料室の中を除くヒロシ。そこには花村先輩がいました。止めたはずのタバコを何本も吸い、適量にしたはずの酒を浴びるように飲み、脂っこいものや炭水化物を山のように食べている花村先輩の姿。食べ物だけならまだマシ。薬品のようなものや、あきらかに食べ物でもない得体のしれない物質まで口にしていました。


ヒロシ「あれ、もしかして、アスベストじゃないか。ニュースで見たことがあるぞ」


ヒロシ(そういえば、花村先輩の引っ越した場所。福笑町。このあいだニュースにでていた。自然は多いけれど、昔、悪質業者が危険な物質を大量に埋めまくっていて、因果関係は判明していないけれど、癌の発生率が高く、住民の寿命が異様に短いとか……かなり前から問題になっていたらしいけど)



 ヒロシは、数年前に読んだ著名なマラソンランナーの自伝を思い出しました。その人は元々マラソンに興味などなかったそうです。ある日、車の購入資金をためるために交通費をケチろうと、バスや電車を使っていたところを歩きにしたそうです。ある日遅刻しそうなになり、いつもの道を全力疾走。なんとか間に合ったそうなのですが、その時に得た達成感が尋常ではなかった。またこの達成感を味わいたいと思ったその人は、あえて家を出る時間を遅くするようになってしまったとか。それからいろいろあって、ランナーになったとか。


 数か月後。花村先輩は三度目の発病を職場で公表。再び奇跡を起こして見せると宣言しました。そしてその日も、花村先輩は昼休みに会社の周りをジョギング。大好きだったジョギング中の花村先輩の笑顔が、ヒロシにはひどく不気味に見えました。




スポンサーサイト
日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「きらめく二人の時」の巻
 今の彼とは、学生時代に知り合った。


「夢は飛行機の操縦士になって、大空を自由に飛び回る事なんだ」


 と、自分の夢を子供のように語る純真さに惹かれ、その夢を応援したいと思った私は彼に告白。交際が始まった。付き合い初めて気づいたのだが、彼はなにも知らなかった。どうすれば操縦士になれるのかなんて、さっぱりわからないという。


 これではいけない。このままでは、この人は夢を実現することなんてできない。私がなんとかしてあげないと。そう考えた私は、飛行機の操縦士になる方法を調べた。


 操縦士になるためには資格が必要だったので、その資格について私が必死で勉強。コツからなにから学習し、彼に伝えた。私の指示通り勉強した彼は、見事資格を取得した。


 せっかく必要な資格を全て揃えたのだから、彼をパイロットにしてやりたいと考えた私は、航空会社のことをあれやこれやと調べて、入社のコツからエントリーシートの書き方からなにから調べ上げ、彼に伝えた。私の指示通り就職活動をした彼は、見事航空会社に入社した。


 入社してから人間関係で困らないようにと考えた私は、服装から口調から接し方から酒の席での付き合い方からなにからを徹底的に学んで、彼に伝えた。私の指示通り上司や同僚と付き合った彼は、職場での評判は上々になった。


 私の指示に従うことで、彼は充実した人生を送るようになったのだ。


 このころ、私は彼にプロポーズをした。彼の答えはもちろん「YES」。しかしこの幸せも長くは続かなかった。


 結婚してからしばらくして、いや、夫は、私が着るように指示した以外の服を着たり、香水をつけるようになったのだ。私が止めるように指示すると一時的には元の服に戻るのだが、しばらくするとまた変えてしまう。


 嫌な予感がした私は探偵を雇った。わけのわからない道具を使う、わけのわからない外見をした、わけのわからない生き物だったが、腕はよく、一か月程度で真相を調べ上げた。


探偵「旦那さんには愛人がいるようです。服や香水はその愛人に薦められたもののようですね。仕事のアドバイスなども受けているみたいです」


 支え続けた夫に裏切られた私のショックは大きかった。探偵の出した調査結果を突き付けて、私は夫を問い詰めた。夫は答えた。


「操縦士2人体制は、今や世界の常識なんだぞ」



日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「マッチョ売りの少女」の巻
 あれから10年。ヒロシは己の肉体を鍛えに鍛え抜き、マッチョになっていた。


ヒロシ「マルぼん。ぼかぁ、己の肉体を多くの人に見ていただきたいのだ。ブロードウェイの劇場とかに知り合いはいないかい」


マルぼん「いないよ、バカヤロウ」


ヒロシ「なら仕方ない。駅前で披露してくるとするか」


 夜の駅前で、生まれたままの姿となり、己が肉体美を通行人たち見せつけるヒロシ。


ヒロシ「マッチョはいりませんか」


通行人「キャー変態」


ヒロシ「マッチョはみたくありませんか」


通行人「キャー変態」


ヒロシ「愛する家族に、夜の街のネオンの下でマッチョを見たという思い出を語ってみませんか」


通行人「キャー変態」


警官「そこのマッチョ売りの青年! 逮捕アルよ!」


 逮捕、裁判、判決。そして服役。


ヒロシ「僕はどうしてここにいるんだろう」


刑務官「ヒロシ。ここから出るアルよ」


ヒロシ「釈放ですか。もしかして釈放ですか。たくさんの人に肉体を見ていただける毎日が戻ってくるのですね」


刑務官「ある意味そうアル。とりあえず、このバスに乗るアルよ」


 そのバスには他の囚人も乗っていました。


ヒロシ「なんだ。僕以外は、どいつもこいつも政治犯じゃないか」


怪しい男「全員政治犯にしとくって約束だろ。1人だけわいせつ物陳列罪が混じっているじゃないの。政治犯じゃないと、後からもめるんだよ」


刑務官「政治犯が足りなかったアル。許してほしいアル。その代り、代金はお安くするアルので」


怪しい「プンスカ。次は気を付けてくださいよ。プンスカ」


 ヒロシとたくさんの政治犯を乗せたバスは、いずこかへと去っていきました。


 半年後。


マルぼん「人間の死体に加工を施して変なポーズをとらとらせたモノや、人間の死体を色々な形でスライスして観察できるようにしたモノなどが多数展示された『人間ボディのはてな展』か。こんな催しに来たいなんて、お前も悪趣味だなぁ」


マルぼんの嫁「人間の死体とか内臓とかを見られる機会なんてそうそうないもの。このチャンスを逃す手はないわ。悪趣味って言うけれど、たくさんの方が観に来てるでしょ」


マルぼん「しかしまぁ、こういう催しで展示される死体はどこから調達されるんだろ」


マルぼんの嫁「注意書きに『生前、提供の意思を示した善意の方等』って書いてあるけど……どうしたの、変な顔して」


マルぼん「いや、ここに展示されている『生前マッチョだった男性』の遺体が、どこかで見たことのある気がして」


 夢はたとえそれがどういった形でも、きっとかなう。自分の信じた道を歩んでいこう!!


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
「必要とされたい」の巻
少年「将来はたくさんの人に必要とされる大人になりたいな」


ヒロシ「君が本気でそう願うのやったら、きっとなれるわ。大切なのは努力。もっと大切なのは、諦めない心よ!」


マルぼん「ここに自分の望むような大人になるための手順を書いたメモがあるさかい、ここに書かれたように生きてみなはれ」



 しかし十数年後。少年は、どこにだしても恥ずかしいシリアルキラーへと成長を遂げ、老若男女を刺すは撃つわ打つわ殴るわ蹴るわ犯すわ殺すわ埋めるわ燃やすわバラすわ凍らすわ食べるわで、もうめっためたなのでありました。なんか家族とか自殺しちゃうし。めでたしめでたし。なぜめでたしめでたしなのかというと、逮捕されたからです。めでたしめでたし。


 そんなわけで、ここはそんなシリアルキラー(以下、必要クンとします)が収監されている微笑町立刑務所。


刑務官「面会やで」


「はじめまして! 俺は、『NPO法人アニメおたく撲滅抹殺滅殺団』の代表だよっ。実はシリアルキラーである君にお願いがあってやってきたんだ! 君が犯した一連の犯行、『アニメに影響された』ってことにしれくません? いや、別に本当に観てなくてもいいんだよ?ただ、『アニメに影響された』とだけ言ってくれたら、あとはこちらが何とかするので。記事とかかいて、世間のアニメおたくへの風当たりを強くしてやるんだ。だから力を貸してくれ!」


 翌日


刑務官「面会でござる」


「はじめまして! 俺は、『NPO法人体育会系の理不尽なしごき撲滅抹殺滅殺団』の代表だよっ。実はシリアルキラーである君にお願いがあってやってきたんだ! 君が犯した一連の犯行、『学生時代にスポーツ系部活動でしごかれたトラウマが原因』ってことにしれくません? いや、別に本当にトラウマがなくてもいいんだよ? ただ、『学生時代にスポーツ系部活動でしごかれたトラウマが原因』とだけ言ってくれたら、あとはこちらが何とかするので。記事とかかいて、世間の理不尽なしごきをする体育会系への風当たりを強くしてやるんだ。だから力を貸してくれ!」


 翌日


刑務官「面会でごぜーます」


「はじめまして! 俺は、『NPO法人原●●発●●撲滅抹殺滅殺団』の代表だよっ。実はシリアルキラーである君にお願いがあってやってきたんだ! 君が犯した一連の犯行、『幼少時代、原●●発●●の近くに住んでいて、放●●に心をやられたから』ってことにしれくません? いや、別に本当に原●の近くに住んだことがなくてもいいんですよ? ただ、『幼少時代、原●●発●●の近くに住んでいて、放●●に心をやられたから』とだけ言ってくれたら、あとはこちらが何とかするので。記事とかかいて、世間の原●●発●●への風当たりを強くしてやるんだ。だから力を貸してくれ!」


翌日


刑務官「面会だよっ」


おっさん「はじめまして! 俺は、『NPO法人反原●●発●●撲滅抹殺滅殺団』の代表だよっ。実はシリアルキラーである君にお願いがあってやってきたんだ! 君が犯した一連の犯行、『幼少時代、反原●●発●●活動家の近くに住んでいて、その活動に影響を受けたから』ってことにしれくません? いや、別に本当に活動家が近くにいなくてもいいんですよ? ただ、『幼少時代、反原●●発●●活動家の近くに住んでいて、その活動に影響を受けたから』とだけ言ってくれたら、あとはこちらが何とかするので。記事とかかいて、世間の反原●●発●●活動への風当たりを強くしてやるんだ。だから力を貸してくれ!」


翌日


刑務官「MENKAIDESU」


「はじめまして! 俺は、『NPO法人薄笑町住民抹殺同盟』の代表だよっ。実はシリアルキラーである君にお願いがあってやってきたんだ! 君が犯した一連の犯行、『自分は元々薄笑町の住民で、殺人の理由は微笑町の住民を殺したかったから』ってことにしれくません? いや、別に本当に薄笑町出身じゃなくてもいいんだよ? ただ、『自分は薄笑町の住民で、殺人の理由は微笑町の住民を殺したかったから』とだけ言ってくれたら、あとはこちらが何とかするので。記事とかかいて、世間の薄笑町への風当たりを強くしてやるんだ。だから力を貸してくれ!」


翌日


刑務官「面会でおじゃる」


「はじめまして! 俺は、『NPO法人微笑町住民抹殺同盟』の代表だよっ。実はシリアルキラーである君にお願いがあってやってきたんだ! 君が犯した一連の犯行、『自分は元々薄笑町の住民で、殺人の理由は微笑町の住民に差別を受けたから』ってことにしれくません? いや、別に本当に差別を受けてなくてもいいんだよ? ただ、『自分は元々薄笑町の住民で、殺人の理由は微笑町の住民に差別を受けたから』とだけ言ってくれたら、あとはこちらが何とかするので。記事とかかいて、世間の微笑町への風当たりを強くしてやるんだ。だから力を貸してくれ!


翌日


以下、同じようなことが永遠に続く。これからもずっと、時と場所と人間と団体が変わっても、ずっと。

日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。