■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
残酷!! ナウマン象の新必殺技

 ついに雌雄を決する時が来た、ヒロシとナウマン象!


ヒロシ「僕はオマエを倒して微笑町の頂点に立つ」


ナウマン象「ほざけ蛆虫。貴様ごときが俺に勝てるものかよ。俺の必殺技をみせてやんよ」


 そう言うとナウマン象、口から巨大な卵を吐き出しました。卵が割れ、中からでてきたのは、もう1人のナウマン象。しかも裸。サービスシーン。


ナウマン象(2代目)「オンギャーオンギャーヒロシコロス。オンギャーオンギャヒロシコロス」


ヒロシ「これじゃ、2対1じゃないか! 卑怯だぞ!」


ナウマン象(2代目)「卑怯もラッキョウもあるものか!」


 こうしてヒロシは2人のナウマン象にちぎっては投げられ、ちぎっては投げられしたのでした。


ヒロシ「マルぼん、くやしいよ! 1対1で負けたのならいいけど、1対2で負けるなんて! 僕はもう一度ナウマン象の戦いを挑むつもりだけど、なんとか1対1で戦いたい! よい機密道具はない!?」


マルぼん「『対戦人数調整機』。戦闘のときに戦う相手の数を自由に変えることができる機械なんだ。たとえば戦う相手が100人いるときも、この機械に『対戦相手は1人』と入力すれば、99人が消え、100人の敵が1人になる(戦うことになる1人は、100人の中で一番エライやつ)」


ヒロシ「戦う相手が元々1人しかいないときに、『対戦相手は100人』と入力したらどうなるの?」


マルぼん「1人が100人に増殖する」


ヒロシ「気持ち悪いな。でも、この機械さえあれば、増殖技を使うナウマン象も怖くないぞ」


 そんなわけで、ナウマン象に再度挑むことにしたヒロシ。ナウマン象を体育館裏に呼び出します。ナウマン象はまたも卵を吐き、ナウマン象(2代目)が誕生しますが、卵からでた瞬間、ナウマン象(2代目)はその姿を消してしまいました。すでに『対戦人数調整機』に「1人」と入力しているのです。


ナウマン象「ちくしょう。たとえ1人でも、俺はやってやるぜ」


ヒロシ「かかってこいやー!」


 1人になったナウマン象ですが、さすがはガキ大将。ヒロシを圧倒します。


ヒロシ「殺される殺される! このままでは殺される! オタスケー! あ、そうだ!」


 ヒロシは『対戦人数調整機』にすがりつくと、『対戦相手は0人』と入力しました。消滅するナウマン象。


ヒロシ「ひ、ひひ」


マルぼん「対戦相手が0になっただけだから、勝ってないよ」


ヒロシ「相手がいないんだから、勝ったも同じさ。ところで、消えたやつはいつ帰ってくるの」


マルぼん「帰ってこないよ。消えたやつはそのまま消滅」


ヒロシ「え」


ナウマン象母「ナウマン象、ナウマン象、どこへ行ったの? はやく帰っておいでー」


 かえらぬ息子をさがす、ナウマン象のママさん。


ヒロシ「ぼ、僕は。僕は。べつに本当にナウマン象を消滅させるつもりは、つもりなんか」


ナウマン象『ヒロシィ』


ヒロシ「ナウマン象!? マルぼん、消滅したはずのナウマン象が、目の前にいるよ」


マルぼん「誰もいないよ。君にしか見えないんじゃ」


ナウマン象『ヒロシィ。ここは暗いよ。苦しいよ』


ヒロシ「するとこいつはナウマン象の霊!? ひぃ! ひぃ!」


ナウマン象『おまえのせいで、おまえのせいで、こんなに辛いところに、ヒロシィ』


ヒロシ「来るな、来るな、近づくな! 僕に近づくなぁ!」


 迫り来るナウマン象の霊に殴ったり蹴ったりするヒロシ。周りにはヒロシが見えないなにかを相手に殴ったり蹴ったりしているようにしか見えません。


 マルぼんは、この戦いをきちんと1対霊にした『対戦人数調整機』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト


日記 | 18:01:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。