■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
土産話に花は咲かない
 しばらくの間、行方をくらましていたママさんがついに、ついに帰宅。(家庭放置期間、約3か月)


ママさん「実は、隣町に出来た『世界まんじゅう墓場』へ行ってたの」


マルぼん「『世界まんじゅう墓場』といえば、世界中のまんじゅうが集う食のテーマパークじゃないですか」


ヒロシ「たしか、ワッフルがお土産として人気なんだよね。もちろん、買ってきてくれたんだよね?」


ママさん「……」


マルぼん「買ってきてないご様子」


ママさん「いや、その、いや、あの。やはりねえ、思い出が一番のお土産だと思って。忘れていたわけじゃないのよ。おほほほほほ」


ヒロシ「思い出なんか受け取りようがないじゃないか! 僕はね、物欲を満たすために生きているんだよ。そんな僕に、思い出でお土産だなんてひどいや。あんまりだ。爆発しろっ」


マルぼん「あ、受け取れるよ。思い出。ママさん、この手袋をはめて、ヒロシの頭を触ってくれません?」


ママさん「こう?」


 ママさん、手袋をはめた手でヒロシの頭を触ります。


マルぼん「その手袋は、自分の思い出をそっくりそのまま、他人にあげることができる手袋なんです。貰った思い出は、くれた人と同じ視点でそっくりそのまま楽しむことができます」


 たとえば、美味しいものを食べていたらその味を、温泉に入っていたらその気持ちのよさを、そっくりそのまま楽しめます。


ヒロシ「思い出もらったけど、別になんともないよ」


 マルぼんは懐から鈍器のようなものを取り出して、ヒロシを殴り倒しました。「きゅう」とか言いながら気絶するヒロシ。頭から血しぶきが。まるで噴水。きれーい。ちょうきれーい。


マルぼん「もらった思い出は、寝ているときに夢として再生され、楽しめるのです」


ヒロシ「う~ん、むにゃにゃ。まんじゅうウメェ。むにゃむにゃ」


マルぼん「思い出が夢として再生されはじめたみたいですよ」


ママさん「これで旅行に行っても『お土産は思い出です』とか言って乗り切れるから、無駄金を使わずにすむわ。ありがとう、マルちゃん」


マルぼん「うへへ、それほどでも。ところでママさん、旅行は1人で?」


ママさん「ううん。ネットで知り合った、夫以外の男性と2人で。そりゃもう。桃色極まる旅行でしたとも。げへへへ。彼ってば強引だけど、そこがまたよくて。げへへへ」


ヒロシ「うう、むにゃむにゃ。な、なんだオマエ。くるな、こっちにくるなよ。触るな、おい。やめ、ちょ、ちょ……やめ、い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁ! そんなの入らないー」


 マルぼんは『思い出をそっくりそのまま、他人にあげることができる手袋』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 18:16:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。