■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マルぼんとは暮らさない
 マルぼんとヒロシが町を歩いていると、目の前に牛車が止まりました。牛車から顔を出すのは、町一番の金持ち・金歯。


金歯「おう、2人とも。相変わらず幸薄そうな顔をして」


ヒロシ(相変わらずうざい金持ちだ)


美女「金歯ちゃん、お友達?」


 金歯に続いて、牛車から顔を出すのは見たことないような美女。うろたえまくるヒロシ。


ヒロシ「え、え、え」


金歯「紹介するでおじゃる。珍の姉である、八重歯でおじゃる」


八重歯「はじめまして」


ヒロシ「は、はじめましてええ! おおぬまぁぁぁぁぁぁヒィロシィと申しますぅううう」」


マルぼん(ヒロシ、堕ちたな)


 案の定、ヒロシは八重歯さんにぞっこんで、起きているときも八重歯さん、寝ているときも八重歯さん、メシのときも八重歯さん、風呂のときも八重歯さん、生まれた子供に「八重歯」と名づけるほど八重歯さん、八重歯という名前に改名したいとごねて親に「あんたって子は、あんたって子は!」と暴力を振るわせるほど八重歯さん、
とにかく四六時中「八重歯さんと添い遂げたい添い遂げたい」とうるさいのです。


マルぼん「あのなあ、金歯コンツェルンは、微笑町の社会人の98%が関連企業関連会社に勤めているほどの巨大財閥だぞ。もちろん、キミの父親だって、金歯一族をより裕福にするための歯車のひとつだ。八重歯さんは、そんな巨大財閥のお嬢さま。それに比べておまえは、どこの馬の骨ともわからない男とどこの馬の骨ともわからない女との間に生まれた、どこの馬の骨ともわからない小学生だ。釣り合いがとれるわけないだろう」


ヒロシ「それをなんとかするのがキミの役目だろう。なんのためにメシを食わせていると思ってんだい!」


マルぼん「やれやれ。仕方ないな。『高嶺の孫の手』。ふつうに暮らしていたら、けして手が届かないような存在でも、この孫の手で背中を掻きながら『アレがほしいよう』とひたすら念じれば、きっと手に入る。ひたすら念じるんだ。そしたら八重歯さんは、キミ程度の人間でも手の届く存在に……」


パパさん「会社つぶれた!」


 色々あって、金歯コンツェルンは崩壊。高嶺の花だった八重歯さんはヒロシにも手が届く存在になり、微笑町の大人の98%は昼間からなにをするでもなくぶらぶらするようになりました。


 マルぼんは『高嶺の孫の手』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 17:40:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。