■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レンタル稼業で大儲け。夢は大富豪。俺って今太閤。

 家に帰ると、マルぼんのヤツが見知らぬ痩せこけた男性と向かい合い、なにやら話しあっていました。感極まったのか、男性はマルぼんの膝にすがりついて泣けるだけ泣き、アタッシュケースと札束を置いて去っていきました。


ヒロシ「今の誰? 衆道の相手かなんか?」


マルぼん「近所に住む末永さんって人。微笑町立陸軍に入隊したいんだけど、死ぬほど胃が悪くて、毎年入隊試験に落ちていたんだって。でも今年、マルぼんの助力でついに合格できたんだ。そのお礼に来てくれたってワケさ」


ヒロシ「へえ。胃を治してあげたの」


マルぼん「いんや、新しい胃を貸してあげたんだ。未来の世界には『カシ』っていう動物がいてね、その『カシ』の肉をダシにつかった汁を飲むと、体のどんな部分も取り外し可能になる。それで胃を用意して、貸してあげたのさ」


ヒロシ「…メチャクチャな効果だねえ」


マルぼん「人体切り離しは未来の世界における医学の基本だからね」


ヒロシ「そうなんだ。でも、あきらかに人間じゃないマルぼんの胃でも大丈夫だったの?」


マルぼん「ん。ちゃんと人間の胃を用意したよ。このアタッシュケースに返してもらった胃がはいっている。あ、はやく元に戻した方がいいよ。切り離してから72時間たつと腐るから」


ヒロシ「僕の臓器かよっ。いつの間に! というか、どうやって元に戻すのさ!」


マルぼん「えっと。外科手術で」


ヒロシ「手術!?」


マルぼん「『カシ』のダシ汁を使った人体レンタルはかなり儲かるんだけどな」


ヒロシ「いいよもう。胃を元に戻す手術で、軽く地獄を見たし。お金なんていらないよ」


マルぼん「ところで、新しいドラク出たね」


ヒロシ「!」


マルぼん「君の大好きなドラマ『ヘルプ! おじいちゃんがライオンに喰われた!』のDVDBOXもでるし」


ヒロシ「う」


マルぼん「そういえばヒロシ、金歯の家の高価な壺を壊して、多額の借金を背負ったんだよね」


ヒロシ「え」


マルぼん「肝臓をレンタルしたいという話があるんだけど」


ヒロシ「…お願いします」


 こうして僕は、人体レンタル稼業に身を染めていくことになったのでした。


ヒロシ「ところで、どうやって肝臓を取り出すんだい?」


マルぼん「えっと。外科手術で」


ヒロシ「手術!?」


 数日後。


マルぼん「はい。あ~ん」


ヒロシ「あ~ん」


 マルぼんに、ごはんを食べさせていただくヒロシ。現在、ヒロシは頭部のみの存在です。内蔵を含む頭部以外の体は、全てレンタルしてしまったのです。


ヒロシ「ところでさ。この前肝臓貸したけど、そろそろ72時間じゃない?」


マルぼん「その肝臓をかした相手の人。いまでは元気に暮らしているんだって。結婚とかしてさ、幸せなんだって。その幸せが永遠に続くといいよね」


ヒロシ「…売ったのけ、僕の肝臓」


マルぼん「胃をレンタルした人は、いまでは大食いチャンピオンだって。素敵だよね。その素敵さが永遠に続くといいよね」


ヒロシ「…売ったのけ、僕の胃も」


マルぼん「自己を犠牲にしても他人の幸せを願う。鬼のように素晴らしい人生だよね。かっこいいよね。ルナちゃんとかも惚れちゃうかもね。人の不幸を悲しみ、人の幸せを喜べる人って最高やね」


ヒロシ「僕の体、全部売り払ったのなー!?」


マルぼん「快傑熟女!心配ご無用。たとえ生身の体がなくなっても、素敵な機械の体がある。ほら、このカタログみてみな」


ヒロシ「えっと。『サンキュー社のメカボディ』だって。ワ! 空も飛べるし、変形だってできるんだ。生身の体よりはるかにいいじゃん」


マルぼん「素敵だろ。夢心地だろ。このメカボディが、いまならこのお値段っ」


ヒロシ「普通に高価やん。さすがに手が出ないな、このお値段。僕の体を売った金はどうしたんだよ。その金でなんとかならないの」


マルぼん「そんなことより、こちら加藤さん」


加藤さん「加藤っス」


マルぼん「加藤さんは、故あって社会から身を隠さないといけない立場なんだ。そこで、新しい顔が必要」


ヒロシ「…唯一残された僕の頭部まで売るの?」


マルぼん「脳があれば、いけそうな雰囲気だし…ほら『メカボディに脳髄だけ入ってる』って、忍者亀が活躍するアメコミみたいでかっこいいじゃん。サワキチャーン。はい、決定。決定!」


マルぼん「ついに届いたよ、機械の体。唯一残った脳を所定の位置にしまうことで、生身の体と大差ない動きができるんだ」


ヒロシ「スゴイヨ、スゴイ。オニノヨウニウゴキヤスイヨ」


マルぼん「しゃべり方がアレだけど、そんなのたいしたことじゃないよね。問題は、燃料だ」


ヒロシ「ネンリョウ?」


マルぼん「この機械の体で動くには、特殊な燃料が必要なのさ。それが高くて高くて」


科学者風の男「こんにちは」


マルぼん「どちら様?」


科学者風の男「某国の者ですが、こちらのヒロシくんが脳だけで生きておられると聞いて。噂によると、体の好きな部分を売っていただけるとか。色々研究したいので、お譲り願いませんか、脳」


マルぼん「そいつはナイス。これで燃料が買えるぞ。脳は、電子頭脳で補えばいいや」


それから。


ヒロシ「ピー。ネンリョウガキレカカッテイマス。ホキュウヲシテクダサイ。ピー。ネンリョウガキレカカッテイマス。ホキュウヲシテクダサイ」


マルぼん「ああ、ヒロシくん。ご飯だね。どう、おいしい?」


ヒロシ「エネルギージュウテンカンリョウ。エネルギージュウテンカンリョウ」


マルぼん「おしかったんだね。よかったよかった。ところでヒロシくん、最近は学校で大活躍らしいじゃない。スポーツも勉強も、人間とは思えない域に達しているとか」


ヒロシ「メールガトドイテオリマス」


マルぼん「マルぼんは、ヒロシくんに人生の勝利者の気分を味わってほしかったんだ。ちょっと無理したけど、機械の体にしてよかったよね。うんうん」


ヒロシ「メールガトドイテオリマス」

スポンサーサイト


日記 | 17:26:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。