■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒロシ激白! 「ノックは必要!」

 ここは大沼宅ヒロシの部屋。ヒロシがムフフな絵の映し出されているパソコンのモニターを見つめて、恍惚とした表情を浮かべております。


ヒロシ「うふふふ。げふふふふふ」


 魅惑のエクスタシーワールドが展開されているわけですが、そんなパラダイスを打ち砕いたのが


ママさん「おやつよー」


 ノックもせずにヒロシの部屋に入ってきたママさんだったのです。


ママさん「ヒロくん、なんて破廉恥なものを見ているの! こんなエロス少年に育ってしまっては、先祖に申し訳ない! 一緒に死にませう!」


 こうして悲劇が起こりました。ヒロシの部屋は、血の海になっていたと、後世に伝わっております。そして数日後。そこには無事回復して部屋でギャルゲーをプレイしているヒロシの姿が。


ヒロシ「もうエロゲーはこりごりさ。酷い目にあったからね。これも母さんが部屋の扉をノックしてくれないからだよ」


 ママさんだけではなく、大沼家の人々は誰もノックをしません。
パパさんも、ヒロシの妹も、ヒロシの姉も、ヒロシの弟も、ヒロシの兄も、ヒロシの叔母も、ヒロシの叔父も、大人も子供もおねーさんも。世間にはノックをしない人がたくさんおり、彼らの存在は時に悲劇を呼びます。ある男は、ノックしないで部屋に入ったばかりに義理の妹の着替えシーンを目撃し、そのイベントがフラグとなり、結局、望まぬ義妹エンドを迎えてしまいました。まさに悲劇。


マルぼん「『ノックお願いします札』。この札を貼ったドアは、訪れる人が必ずノックするようになるんだ」


ヒロシ「これさえあれば、もう、悲劇は起こらないね!」


マルぼん「念のため、部屋に鍵をかけられるようにしたし、これで完璧だ。キミのプライバシーは
しっかり守られるよ」


 さっそく『ノックお願いします札』を自室の扉に貼るヒロシ。ついでに鍵もしめます。


マルぼん「うっ」


ヒロシ「どうしたのマルぼん」


マルぼん「いきなりだけど、マルぼんは300年に1度、無性に小学生の生き胆が食べたくなるんだ。じゅるじゅるじゅる」


ヒロシ「や、やだ。そんな肉食獣のような目で僕を見ないで。いつもの慈愛に満ちた、マザーテレサのような目をで、僕を見つめてよ」


マルぼん「いただきマンモス!」


ヒロシ「ぎゃああああああああ!」


 薄れいく意識の中、ヒロシは誰かがドアを叩く音を聞きました。「どうしたの、ヒロシ」「ここを開けるんだ」と、声もします。ヒロシの悲鳴を聞いて駆けつけた家族が、鍵を開けることができず、仕方ないのでドアを叩きながらヒロシを呼んでいる……ミステリーなんかによくあるシーンです。


ヒロシ(ノックだ。ノックしているんだ、アレだけノックをしなかった家族のみんなが! すごいや『ノックお願いします札』は)


 家族が必死でドアを叩く音を子守唄にして、ヒロシは満面の笑みを浮かべつつ、永遠の眠りについたのでした。マルぼんは、家族みんながヒロシの部屋のドアを必死でノックするようにした『ノックお願いします札』の効果は絶大だと思いました。完。
スポンサーサイト


日記 | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。