■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自己紹介にもう夢中
担任のヘクトパスカル先生「はいはいはい、貴様ら注目よ~。今日から新しく、貴様らの学友になる子を紹介するよ」


毛田芽代「…よろしく」


桜井ゴメス先生「毛田さんのお父さんは、勢い余ってとてもヤバイところに、切断した己の小指を送りつけちゃったりするような人で、現在さまざまな組織に追われて行方不明。毛田さんは、母方の姓を名乗り、過去を捨て、微笑み町に引越してきたんだ。貴様どもはこぞって仲良くするように。あと、毛田さんのお父さんを見かけたら、最寄の警察署又は交番に至急連絡するように」


一同「うぉー」


ヒロシ(毛田さん…か、かわいい! 毛田さんに僕という人物を知ってもらいたい…)


 そんなこんなで帰宅したヒロシ。


マルぼん「簡単に自己紹介できる機密道具?」


ヒロシ「そう。その簡単に自己紹介をできる機密道具……僕という生命体のことをすみからすみまで理解していただけるような、できれば僕のことを死ぬほど愛してくれるような、そんな機密道具をだして欲しいんだ」


マルぼん「あることはあるよ。でも、どうせならマルぼんやヒロシ、その他の風が吹いたら飛んでしまうほど存在感がない登場人物どもの紹介も一気にやってしまったほうが、いいかもしれないね」


 マルぼんは『人物紹介機』という機密道具を用意しました。


 この機密道具は、未来の世界にある『ありとあらゆる情報を記録した超データベース』と
リンクしており、どんな人物の紹介文でも瞬時に作り出してしまう優れものです。


『「覚せい剤を売
りさばけば組の幹部にしてやる」と騙されて、最後は路地裏でみっともなく死んでいるのを発見されたチンピラ』など、歴史の裏で死んでいった人々の人物紹介だって、簡単にできてしまいます。

 この機密道具で、マルぼんやヒロシ、その他ひとやまいくらの連中を、毛田さんに紹介してやろうという趣向です。

毛田さん「きゃー!! 醜い化け物!! 近寄らないで!!」


 マルぼんを見た毛田さんが悲鳴をあげました。蟲レベルの生き物ならば、近づくだけで死んでしまうというくらい醜いマルぼんをはじめて見たのです。仕方ない反応です。


 ヒロシが注射器で投与した精神安定剤のおかげで、毛田さんは落ち着きました。


毛田「本当に、とって食ったり、外国に売りさばいたりする気がないんですね? ないんですね?」


ヒロシ「ないよないよ。ただ、僕という生命体の全てをもっと知って欲しいだけ…
さぁ、『人物紹介機』始動!」


 スイッチを押すと、『人物紹介機』が動き始めて、ヒロシの紹介文が書かれた紙が出てきました。


大沼ヒロシ(2002~2012)

微笑町に暮らしていた人物。寝るときは睡眠薬を常用し




ヒロシ「ちょ、ちょっと待って! 名前の横になぞの数字があるよ!?」


マルぼん「ああ。生没年だね。未来の世界の超データベースは、あらゆる人物の生没年も記録しているんだ」<

ヒロシ「え、生没って、え? 2012年!? 人物紹介機からは、他のメンバーの紹介文っが印刷されています」


ルナちゃん(2002~2012)

金歯(2002~2012)

ナウマン象(1964~2012)


スポンサーサイト


日記 | 15:29:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。