■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
君に誓う。あの空に誓う。
ナウマン象「やい、ヒロシ! 俺様は最近、人生に絶望したんで死のうと思うんだが、おまえ殉死しろ! しないと殺す!」


ヒロシ「ひー!!」

 いつのものようにナウマン象にいじめられ、家に逃げ帰ってきたヒロシ。今回のナウマン象は、なんかおかしく、半日以上、家のまわりを徘徊しています。
ゴミとか漁りつつ。


ヒロシ「どうしよう。今日は、毛田さんに誘われて、集会に参加する予定なんだ。この世の不正を徹底的に叩き、全ての人類に究極の平等をもたらす、不思議と心が燃え上がるらしい集会に。このままナウマン象が家の周りを活動範囲にしていたら、外に出ることができないよ!」


マルぼん「ふむ。こいつを使おう。『人間モグラ剤』。この薬を飲めば、地下を自由に移動することができるようになる」


ヒロシ「すごい!」


『人間モグラ剤』を飲んだマルぼんたちは、地下を移動し、見事家を脱出することができました。


毛田さん「まぁ。その薬を飲めば、地下を移動することができるのね」


ヒロシ「そう。おもしろいよ」


マルぼん「あとでゆっくり遊ぼう」


毛田さん父「それは素晴らしい薬だ」


 毛田さんのお父さんが突然現れ、マルぼんから奪い取った『人間モグラ剤』を飲み干してしまいました。


毛田さん父「ふは…ふはははは」


 笑い声をあげ、地下へと消える毛田さん父。


 町の権力者である金歯のお父さんが、参勤交代で江戸へ向かう大名行列の途中、地下から現れた男によって襲撃されたというニュースが報道されたのは、夕方のことでした。


ニュース『取り調べに対し、毛田容疑者は「カネにまみれた権力者を殺したかった。今は反省している」と供述。
警察では、共犯者と見られる町内に住む不思議な道具を使う生き物と、その飼い主が詳しい事情を知っているものとみて……』


ヒロシ「ええ!! 同志にされているよ!?」


マルぼん「なんてこった…しばらく身を隠すことにしよう」


 今、マルぼんたちは町内某所にある建物で、じっと身を潜めています。


ヒロシ「『人間モグラ剤』なんてなくても、地下にもぐることはできるんだねえ」

スポンサーサイト


日記 | 15:30:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。