■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フェアウェアまつり
ルナちゃん「ヒロシさんは?」


マルぼん「毛田さんに誘われて、駅前でビラ配っているよ」


ルナちゃん「また毛田さん!? 最近、多くない!?」


マルぼん「毛田さんは、気が弱くていつもオドオドしている、小動物属性のメガネっ娘。ヒロシのツボをつきまくりの存在だからね。ルナちゃんみたいな宗教バカじゃ太刀打ちできないよ」


ルナちゃん「キーッ!! ヒロシさんってば、ついこの前まで『ルナちゃんの服を売ってください』『ルナちゃんの入った風呂の残り湯を口移しで飲ませて』『この婚姻届にハンコを押してください』とか言ったり、部屋中を私の写真で埋め尽くしたり、うちのお父さんのお墓に勝手に行って、墓石に向かって『お嬢さんをまかせてください』とか呟いていたくせにー!! 殺す!!」


マルぼん「いいよ、別に」


ルナちゃん「ねえ、マルちゃん。新ヒロインが登場したからといって、旧ヒロインがおざなりになるなんて、不公平だわ。どんな人も公平な扱いになる機密道具をだして!」


マルぼん「『フェアウェア』~。この服を着れば、とっても公平に扱ってもらえるようになるんだ」


ルナちゃん「これで最悪でも、ダブルヒロイン制に持ち込めるわね!」


 さっそく着替え始めるルナちゃん。マルぼんが目の前にいますが、どうも知的生命体と認識していないようなので、羞恥心のカケラもないようです。命って。


ルナちゃん「さぁ、着替えた! 着替えたわ!」


ママさん「あ、ルナちゃん。3万5000円、早く出して」


ルナちゃん「はぁ?」


ママさん「着払いで注文した7万円の服が、いま届いたの。だから、その代金を半分だしてちょうだい」


ルナちゃん「はぁ? はぁ?」


ママさん「だって、私だけ全額払うなんて不公平だもの。だから、半分だして。公平に半分出して」


パパさん「あ、ルナちゃん。はやく病院へ行こう」


ルナちゃん「はぁ?」


パパさん「借金がのっぴきならない状態でさ、いよいよ臓器を売ることになったんだ。でも、私だけ臓器を売るのは不公平。だから、一緒に臓器を売りに行こう」


ナウマン象「金歯を殺っちまった…俺だけ逮捕は不公平だから、一緒に自首しようぜ」


金歯(故)「朕だけ死ぬのはいやでおじゃる。不公平でおじゃる。一緒に墓に入って欲しいでおじゃる」


ルナちゃん「いや、いやぁぁぁぁぁぁん!!」


マルぼん「まぁ、少しくらい不公平なほうが、人生楽しく暮らせるわな」
スポンサーサイト


日記 | 15:34:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。