■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
友情よ永遠に
 季節の変わり目ですね。この時期はおかしい人が活発に行動しだすわけですが、そのおかしい人が某国の軍隊にもいたようで、マルぼんたちの町へ向けて核ミサイルが発射されました。というわけで着弾数分前。


「マルぼん、核ミサイルを迎撃できる機密道具だしてー!」とヒロシ。


マルぼんは「なんかないかーなんかないかー」と思案し、ある機密道具を思い出しました。


『友情75mmキャノン』。


 このキャノン砲を装備した人が友人たちと円陣を組むと、一同の友情パワーがキャノン砲に集結して破壊力に変換されるのです。友情が厚ければ厚いほど、破壊力もアップします。


 マルぼんがこの世界に来て約1年。ヒロシは多くの事件を経て、多くの死を乗り越えて、その中でナウマン象や金歯、ルナちゃんや大脳、他の様々な人々と友情を育んできたハズです。その友情は、おそらく無敵ともいえる破壊力になるハズ、


 マルぼんの話を聞き、「みんなを呼び出すぞ!」と部屋を飛び出すヒロシ。


「やれやれなんとか間に合いそうだ」とマルぼんが思っていると、ヒロシがすぐに戻ってきました。


ヒロシ「よく考えたら僕、誰の電話番号も教えてもらってないや。『教えて』って頼んでも『また今度』とか『うちは電話ないんだ』とか断られて」


 というわけで、マルぼんたちの町は核の炎に包まれたのでした。
スポンサーサイト


日記 | 18:39:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad