■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モヒカンでも君を愛す。モヒカンでも君を愛す。しつこいようですけど、モヒカンでも君を愛す!
ルナちゃんの髪形がモヒカンになりました。本人曰く、「宗教上の理由」とのこと。


マルぼん「『一定の金額を寄付した後、髪形をモヒカンにすると死後は極楽浄土行き間違いなし』とのことらしいよ。宗教って便利だね、それだけで極楽へ行けるなんて!」


ヒロシ「冗談じゃないよ。いくら『微笑町の好色一代男』の呼び声高い僕でも、あんなルナちゃんにはとてもじゃないけど萌えられないよ。『マンホール』という言葉にも萌えることができるこの僕が、一切萌えないなんて有史始まって以来の珍事だよ。なんとかルナちゃんの髪形を元に戻さないと」


マルぼん「ルナちゃんの目の前で腹でも掻っ捌いて、直訴してみなよ。命のひとつやふたつ捧げたら、納得してくれるかもよ」


ヒロシ「ルナちゃんはなによりも自分が大事な女だから、それは無理だと思う。目の前で人が死にかけていても『あの死にかけ人間の財布、いくらくらい入っているのかしら』と思う人間なんだぞ、彼女は」


マルぼん「なんでキミはそんなのに萌えているの?」


ヒロシ「性癖なんだから仕方ないだろ。とにかく、ルナちゃんの髪形をなんとかしてよ!」


マルぼん「『睡眠学習ハンマー』。このハンマーの攻撃で意識を失った人の耳元で、その人にしてもらいたいことを10回ささやく。するとその人は、目を覚ました後、ささやかれたことを実行に移すようになるんだ」


ヒロシ「よし、そいつを使おう」


マルぼん「ならルナちゃんを連れてこないとね」


ヒロシ「実はこうなると思って、ルナちゃんは既に連れてきているんだ」


 部屋の片隅に置かれていた麻袋から、ひょいと顔を出すモヒカンなルナちゃん。


マルぼん「昨日の晩から妙にデカい麻袋が置いてあるなぁ、と思っていたら!」


ルナちゃん「昨日の晩、道を歩いていたらいきなり誰かにクスリを嗅がされて、気づいたら……。点と線がつながった。犯人はヒロシさんだったのね。この件はポリスに……はうっ」


 『睡眠学習ハンマー』で、ルナちゃんをどつくヒロシ(目は笑っていない)。ルナちゃん、夢の中へ。(※ルナちゃんは特殊な訓練を受けているので大丈夫ですが、皆さんはマネしないでくださいね♪)。


ヒロシ「えっと、耳元で10回ささやくんだったね。『昨日の晩のことは忘れろ』だったっけか」


マルぼん「『髪形を変えて』だろ」


ヒロシ「そうだったそうだった」


 ルナちゃんの耳元で『かみがたを変えて』と10回ささやくヒロシ。しばらくして、ルナちゃんは目を覚まして


ルナちゃん「私、かみがたを変えてみせるわ! 絶対に!」


 拳を握り締めて、高らかに宣言。そのままヒロシの部屋を飛び出していきました。


 大阪や京都等近畿地方で、企業や公務員を狙ったテロが頻発して起こり始めたのは、それから半年後のことでした。一連のテロに関して、『まじかる☆ぶれいど』という組織が犯行声明をだしました。


『我々「まじかる☆ぶれいど」は、大阪・京都を変える! いかなる手段をもちいても、変えてみせる! その第一歩として、腐った輩を粛清する!』


 『まじかる☆ぶれいど』の首領は、髪形がモヒカンの小学生くらいの女だという話。


ヒロシ「あきらかにルナちゃんだ。なんで、大阪や京都でテロなんかを!」


マルぼん「かみがたを変えたい、とか言ってたからなぁ」

スポンサーサイト


日記 | 18:00:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。