■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
足元に絡みつくルパン三世
 マルぼんが山に芝刈りに来たところ、茂みの中でうろうろしているヒロシを発見。


ヒロシ「う~、みつからないよ、みつからないよ」


マルぼん「こんな山奥で探し物とは、穏やかじゃないな。いったいどうした」


ヒロシ「いいところに来た! 探しものがすぐに見つかる道具だしてよ」


マルぼん「こいつを被りなよ」


 と、言ってマルぼんが取り出しのは、灯台の形をした被り物。


マルぼん「『灯台下暗しウェアー』。『灯台下暗し』と言うように、身近なことには気づきにくいもの。
それを利用したのがこの『灯台下暗しウェアー』で、こいつを着るとだな、探しているものが必ず自分のすぐ近くから見つかるんだ」


ヒロシ「そいつはすごい」


 さっそく『灯台下暗しウェアー』を着込むヒロシ。


マルぼん「ところでよ、なにを探しているのさ」


ヒロシ「ナウマン象だよ。3日前から行方不明なんだ。修行と称してこの山に1人で来ていたことがあったらしいから、『もしや』と思って探しに来たんだよ。もうすぐ、地元猟友会のメンバーも来てくれるはず」


 その時、数台のパトカーや警察車両がマルぼんたちの前に停まりました。車からは警官や刑事らしき男が数人と、手錠をかけた男が1人でてきました。刑事の1人が手錠男に尋ねます。


刑事「どのあたりだ」


手錠男「あそこに埋めました」


 後に殺人死体遺棄で懲役13年の判決をうけることになるその男は、ヒロシの足元を指差したのでした。
スポンサーサイト


日記 | 14:15:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。