■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒロシの人生改造編②『その名は鋼鉄レッド』
嫁「お義母さま。お味噌汁ができましたわ」


姑「ありがとう、春子さん。どれ、この味噌汁をペットのミーにあげてみようかね。あら、ミーがけいれんをおこしはじめたわ。どういうことかしら、春子さん?」


鋼鉄レッド「騙されるな、それは春子さんではなく、悪の秘密結社『大地の牙』の怪人ゴブリンママンだっ」


ゴブリンママン「ばーれーたーかー!!」


鋼鉄レッド「死ね! 『トロピカルアーム』! 」


ゴブリンママン「ぶべら!!」


ナウマン象「やった! 鋼鉄レッドがまたしてもやってくれた!!」


ルナちゃん「キャー!! レッドさまー!!」


 改造人間となったヒロシは『鋼鉄レッド』を称し、マルぼんの技術提供で怪人を生み出すことができるようになった反政府テロ組織『大地の牙』と戦うことになりました。
 

 戦いは長きにわたり、微笑町では謎のヒーロー(お約束で隠してます。正体)鋼鉄レッドが話題になりまくっています。


ナウマン象「いつもありがとう、鋼鉄レッド!!」


金歯「かっこいいでおじゃる! 惚れ惚れするでおじゃる!!」


大脳「鋼鉄レッド、あなたはいったいどこのどなたなのでヤンスか?」


鋼鉄レッド「知りたいかい」


一同「知りたーい!!」


鋼鉄レッド「実は…(かぶっていた仮面を外す)…ヒロシでした!!」


 そしてはじまるヒロシをたたえる歌の合唱。


 しばらく正体を隠していたのは、ヒロシのちょっとした策略だったのです。


ヒロシ「明日には、ファンが家に押しかけてくるかもね。なはははは!!」


 笑いが止まらないヒロシ。で、翌日。ヒロシ宅の周辺。


市民団体『全身に危険な兵器を搭載した鋼鉄レッドは、日本からでていけー!!』


市民団体『憲法第九条に違反する鋼鉄レッドは、日本からでていけー!!』


市民団体『3500円のカツカレーを食った鋼鉄レッドは、日本からでていけー!!』


市民団体『核と鋼鉄レッドは日本に持ち込むな!!』


市民団体『怪人を残酷に殺す鋼鉄レッドは日本からでていけー!! 怪人にも人権はあるんだ』


 たしかにファンがおしかけてきました。プラカードや弾幕を装備したファンが。鋼鉄レッドの顔の刺繍された旗とか、写真とか、なぜか日本の国旗とかを燃やしながら。
スポンサーサイト


日記 | 16:18:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。