■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
小人がルナちゃんを
ルナちゃん「ひ…ひひひ……うひひひ。世界はどーんはるまげどーん。人類の背負った罪といっしょに、はるまげどーん」


ナウマン象「 こーわしたこーわした。せーんせいにいうたーろー。ヒロシがこーわした。ルナちゃんの精神をこーわした」


ヒロシ「そ、そんな。僕はただ『有史以来、人類がどれだけ他の生物を死滅させ、地球を汚し、殺し合い、残酷なことをしてきたか。どれほど恐ろしいことをしてきたか』を、秘蔵のVTR『ごうもんのれきし。世界残酷コレクション』を交えて、1週間に渡ってルナちゃんに説明しただけだよ!? 窓一つない部屋のなかで! まさか精神が壊れるなんて……思いもせなんだ!」


ルナちゃん「ひ、ひひひ」


ナウマン象「あ~あ。よだれをダラダラ流しているよ。おいヒロシ、ルナちゃんの精神を治してやれよな!!」


ヒロシ「そんなワケだから、壊した物をバカでも修理できる機密道具だして」


マルぼん「キミは人の人生を台無しにするプロフェッショナルだな。いいよ。これを使おう。『なんでも修理屋小人の家』。さぁ、小人さん出ておいで」


小人さん「ハロー!! ぼく、小人ちゃん。よろしくね」


ヒロシ「むほっ食べちゃいたいくらい可愛い!!」


小人さん「好きな食べ物は胎児の足の裏の皮膚です」


ヒロシ「この世から去れ、化け物!!」


マルぼん「この小人さんはなんでも直してしまう修理の達人なんだ。小人さんにルナちゃんを修理していただこう」


小人さん「ぼくの超絶技能を、自然を、地球を思うままに破壊する貴様ら人間に見せつけてあげるよ。開発と言う大義名分を掲げて、地球を壊す貴様らにな! 山よ、海よ、風よ、胎児の足の裏の皮膚よ、ぼくに力を! うおおおおおおおおっ」





 挿入歌『ぼくは孤高の直し人』 
             作詞:マッスル南里 作曲:スタミナ花子 歌:シャイニング北沢とかまどうま78


  ネオン輝く繁華街 戦い疲れた男たち 

  
  明日を夢見て ひたすら飲んで 未来のために体をこわす


  直してあげるよ この僕が あなたの未来をつくるため
  

  直してあげるよ この僕が あなたの明日をつくるため


  そうさ僕は 直し人 なんでも修理屋小人だよ



  ネオン輝く中華街 愛し疲れた女たち

 
  今日を忘れて しこたま飲んで 昨日の為に体をこわす


  直してあげるよ この僕が あなたの過去を救うため


  直してあげるよ この僕が あなたの昨日をいやすため


  そうさ僕は 直し人 なんでも修理屋小人だよ


 
  ネオン輝く倉庫街 学び疲れた子供たち


  遊びを忘れて やたらと解いて 知識のために体をこわす


  直してあげるよ この僕が あなたにゆとりを作るため


  直してあげるよ この僕が あなたのゆとりを救うため

 
  そうさ僕は 直し人 なんでも修理屋小人だよ


  Please do not love me.


  僕は1人さ


  Please do not love me.


  僕をいやすのは孤独だけ

 
 


 挿入歌が終わると、小人さんはルナちゃんの右耳から脳へと進入。


ルナちゃん「いや、いやっ。私の脳に入ってこないでー!! ああっ。いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」


ヒロシ「うおおおおおおおおおおお。怪生物に脳を侵食される美少女!! 萌え!! モえぇぇぇぇぇぇぇェェェェェェェェェェ」」


マルぼん「黙れよ病気少年!! 誰か黄色い救急車を呼べよ」


 静かになるルナちゃん。目はうつろで、ピクリとも動きません。しばらくすると、左耳から小人さんがでてきました。


小人「これで脳は直ったはずだぜ。もう少ししたら正常に戻るじゃろうて」


ルナちゃん「ヒロシてめえ! なに、グロ映像みせてくれとんねん! 気持ち悪かったやろが!」


ヒロシ「ルナちゃん、やめてよしてさわならいで!」


 脳が直ったルナちゃんは、怒りにまかせてヒロシを殺害。その死骸をばらしてもやして灰にして、海へと散布してしまったのでした。ヒロシは母なる海へと戻ったのです!


ナウマン象「 こーろしたこーろした。せーんせいにいうたーろー。ルナちゃんがこーろした。ヒロシをこーろした」


ルナちゃん「ちっ。うっせーな。。反省してまーす。はーい、反省してまーす。え? 責任? 責任を取れと言われても、私にも未来はあるし。過去より今、今より未来だとわたし思うな」


マルぼん「ルナちゃんが居直った」
スポンサーサイト


日記 | 15:53:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad