■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「やつは社長で小学生」の巻
 大沼ヒロシ、現在、親の残した鉄工所(『ミナミの帝王』でギンちゃんの世話になっている鉄工所みたいなカンジです)を経営しておりますが、売り上げは芳しくありません。この物語は、小学生社長ヒロシによる、汗と涙の物語であります!


ヒロシ「もうすこしコストを下げることができたら、売り上げにも余裕がでるんでしょうが」


マルぼん「人件費とか輸送費が赤字の原因だねえ」


ヒロシ「そういったコストがゼロになるような機密道具、ないの?」


マルぼん「『コストポスト』。このポストに『どれだけ自分がコストを下げたいか。どれほど会社のことを考えているか』を書いたハガキを投函する。すると、コストが下がる。ハガキに熱意が篭っていればいるほど、コストは下がるんだ」


ヒロシ「よし。書くどぉ。オラ、ハガキ書くどぉ! どしどし書くどぉ!」


 ヒロシがハガキに書いた『コスト削減に関する思い』は素晴らしいものでした。マルぼん、泣きました。泣きました。


マルぼん「このハガキなら、すごい勢いでコストが下がるよ、きっと!」


 さっそく『コストポスト』にハガキを投函するヒロシ。


ヒロシ「ぎゃー!」


 不良品だった『コストポスト』は爆発しました。


「申し訳ありません。社員一同、一生かけて償います」とは、『コストポスト』を製作した機密道具メーカーの社員たち。土下座しながら泣いています。


マルぼん「それならば」


 彼らはいま、償いのため、ヒロシの鉄工所で無償で働いています。こうして数人分の人件費がうきました。マルぼんは『コストポスト』の効果は絶大だと思いました。


 あの日以来、ずっと病院のベッドの上で眠るヒロシの顔も、心なしか微笑んでいるような気がしました。
スポンサーサイト


日記 | 11:58:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。