■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『バクダン先生の、爆弾発言』の巻
 ここはヒロシ宅。


ヒロシ「こちら、僕が所属するとある団体の構成員のかた」


須永「はじめまして。反政府テロ組織『まじかるぶれいど』代表の須永です。これ、つまらないものですが、よければ娘さんに」


マルぼん「これはどうも、ご親切に。娘も泣いて喜びます」


ヒロシ「須永さん、実はマルぼんにお願いしたいことがあるそうなんだ」


マルぼん「なんでも言ってください。師の師ならば我が師も同然、友の友なら我が友も同然ですので」


須永「ありがとうございます。実は近々、町内のとある公共機関を爆破しようと思い、爆弾を作ってみたんです。結果、すげえ高性能の爆弾が完成したのですけれども、起爆装置をつけるのを忘れてしまって」


マルぼん「それはそれは」


ヒロシ「爆弾の間近で操作して爆破すればいいんだけど、須永さんにはそんな度胸はないんだ。所詮、その程度の熱意なんだ。ファッション反政府活動ってやつだね。なんとかならないかな」


マルぼん「『どこでも起爆装置』。この起爆装置を押せば、一番近くにある爆弾が爆発する。まぁ、今現在、他の人が微笑町に爆弾をしかけているとも思えないし、押せば間違いなく、あなたの設置したヤツが爆発するでしょう」


須永「ありがとうございます。ありがとうございます。さっそく押しますね」


マルぼん「ところで須永さんは、なぜにそういった活動を?」


ヒロシ「須永さんは昔、すごい野球少年だったんだって。優秀なピッチャーで、将来を嘱望されて、まわりからチヤホヤされていたんだ。でもある日、ささいなことで肩を壊してしまって、医者に『このまま投げたら、腕が動かなくなりまっす』と言われたんだ。それで野球を止めたんだけど、その瞬間、まわりの人が光の速さで冷たくなった。それがショックだったんだって。それで『こんな社会滅びてしまえ』って」


マルぼん「今、肩のほうは?」


ヒロシ「まだ治っていないそうだよ。今も、無茶をしたら腕が動かなくなるかもしれないんだって」


マルぼん「ふうん。肩に爆弾を抱えているようなものだね」


須永「ポチっとな!」

 大きな爆発が、ヒロシの家を地上から消し去りました。マルぼんは『どこでも起爆装置』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 13:03:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。