■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「かけそば地獄変」の巻
金歯「右や左の旦那さまぁ~」


ヒロシ「おや、金歯が路上で正座して、道行く人々になにか乞うているよ」


マルぼん「おかしいな、あの金持ちの金歯が。鼻紙はいつも1万円札の金歯が、焚き火で燃やすものはいつも大量の1万円札の金歯が、砂遊びは砂金で行う金歯が、路上で正座だなんて」


金歯「実は、父上がギャンブルにハマリまくって財産を食いつぶしてしまったのおじゃる。おかげで朕はこんなことをするはめに。それでも父上はギャンブルを止めようとせず、昨日は競輪、今日は競艇、明日は競馬、パチンコと麻雀はほぼ日課。うううう」


ヒロシ「おおおお(泣き声)。なんてかわいそうな話だろう。マルぼん、なんとかならないかい」


マルぼん「『一杯NO! 賭けソバ』。このソバを食べた人は、ギャンブルやら賭け事やらはいっさいしなくなるの」


ヒロシ「よし、それを金歯の親父に食わそう」


 マルぼんとヒロシは、飲み屋で酔いつぶれていた金歯の親父を拉致すると、無理矢理『一杯NO! 賭けソバ』を食わせました。すると金歯の親父、えらくすっきりした顔をして


金歯父「俺、間違ってました。これからはギャンブルも賭け事も一切やりません。真面目に働きまする」


ヒロシ「そのいきですよ、そのいき!」


ルナちゃん「たいへんよ、金歯さんが増水した川に落ちておぼれているわ」


ヒロシ「あ、本当だ! このままじゃ大変なことに!」


マルぼん「金歯のお父さん、早く助けないと!」


金歯父「俺が? なんで? いやです。あんなに増水した川に入ったら、俺も死ぬかもしれないじゃないですか」<


ヒロシ「自分の子供でしょう!」


金歯父「賭け事はきらいなんです。当然、命を賭けるのも」


ヒロシ「ああ、金歯が沈んでいく! 金歯の命が尽きていく!」


 マルぼんは、あらゆる賭け事をしなくなるようにする『一杯NO! 賭けソバ』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 14:19:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。