■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「禁断の仮装大賞」の巻

 今日は金歯邸でパーティーが開かれます。参加者は、なんか仮装をしなければならず、もっとも優秀な仮装をした人には10億円与えられます。


 珍しくパーティーに誘われたヒロシも「たんなる詰襟学生服をきてバビル2世の仮装と言い張る」という秘策を用意していたのですが、ああ何たる悲劇。ヒロシの用意していた学生服を、パパさんとママさんがとても歪んだ愛の確認方法(快楽を伴う)に使って汚してしまい、使用不能状態となってしまったのでございます。ちくしょう、汚い大人どもめ! 決めた! あたし、大人になんかならない!


ヒロシ「パーティーは今日だ! でも、代わりになりそうな仮装道具はないし……マルぼん、なんでもええから、すぐに仮装できる機密道具だして!」


マルぼん「なにもないなぁ。強いて言うなら、この薬を注射したらなんの変哲もない普段の姿でも、十分仮装になるよ」


ヒロシ「打って、その注射を僕に打って!」


 そんなわけで、マルぼんは薬を注射。ヒロシは意気揚々と金歯邸へと向かったのですが、入ろうとすると金歯が現れて


金歯「あ、ヒロシ。全然仮装をしていないでおじゃるな。あれだけ仮装してこいと言っておいたのに。ほんと、クズ!」


ヒロシ「うう、なんだよ。やっぱり仮装になんかなってないじゃないか。普通の格好をしているだけで仮装になるなんて虫のいい話、やはり嘘っぱちだったんだ!」


 と、そのとき、ヒロシの体に異変が。あちらこちらが突然、変形をはじめたのであります。


ヒロシ「!」


  牙は狼!


  筋肉はゴリラ!!


  燃える瞳は原始の炎!


 あと、なんか鼻がドリルみたいになってて、息は異様に臭くて(近くを飛んでいた虫が死亡)、耳はエルフみたくとがっていて、髪の毛は1本1本が蛇になっていて、手は千手観音みたいにたくさん。なんか尻尾も生えている。
どこにだしても恥ずかしくない化け物です。


金歯「ば、化け物!」


ナウマン象「化け物だ! 化け物がヒロシに化けていた!」


ルナちゃん「ヒロシさんに成りすまして仮装大会に侵入し、私らを食べようとしていたのね! おそらく本物のヒロシさんはもう……」


金歯「化け物はでていけ、町からでていけ!」


 ヒロシに石を投げる一同。「違うの、そうじゃないの」とヒロシが言っても、口からは「ぐげげげ」という奇声しかでません。


マルぼん「あの注射、未来の世界の汚染された水から作り出された『注射したら化け物になる薬』だったの」


ヒロシ「ぐげげげげげげ」


 理解されないヒロシは、その場から飛び去り、そのままいなくなりました。しばらく後、学校の裏山から「ぐげげげげ」という哀しげな声が聞こえることがありましたが、いつしかそれも聞こえなくなりました。こうしてヒロシは、普通の格好をしていてもそれが仮装になるようになったのでした。完。

スポンサーサイト


日記 | 22:17:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。