■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「キミキズ」の巻

ヒロシ「先日、授業中に以下のようなことがあったんだ」


 以下、回想シーン。


担任「いきなりですが、試験をしまーす。抜き打ちでーす。日ごろからきちんと勉強していたら大丈夫だろ」


ルナちゃん「私は絶対しませんので」


担任「わがまま言ったらいけないよ」


ルナちゃん「しません。しません。絶対しません。しませんの!」


 そう叫ぶと、机の角に己の頭を激しく打ちつけ始めるルナちゃん。額から血が噴水のごとく噴出します。


ルナちゃん「しません。テストしません!」


担任「わかったから、わかったから止めるんだ! どなたか、救急車呼んで!」


 以上、回想シーン。


ヒロシ「自傷行為ってのは、どんなわがままで押し通せるすばらしい方法であると思ったんだ。そこで僕も自傷行為をマスターしようと考えたんだけど、その痛いのは苦手で……えへへへ。体のどこでもいいから傷をつけたいんだ。それで自傷行為をしたってことにするの。痛みもなく体に傷をつけられる機密道具をだしてよ、マルぼん」


マルぼん「『殺傷能力はあるけど痛みはない刃物』これで、手首なりなんなりを切りな」


ヒロシ「わぁ、ありがとうマルぼん。どこに傷をつけようかな」


と、その時、ヒロシの携帯からメールの着信音。


ヒロシ「あ、ナンシーからだ」


 ナンシーはヒロシの交際相手の女性です。


ヒロシ「話したいことがあるって。ちょっと行って来るよ、マルぼん」


 そのまま出かけるヒロシ。死んだ魚のような目をして帰ってきたのは5時間ほどたった頃で、なぜか泥だらけでした。まるで地面に穴でも掘って、なにかを埋めてきたかのような。マルぼんが理由を尋ねると


ヒロシ「いきなり、いきなり別れたいなんていうから!」


 と震える声で叫んで、部屋の隅で膝を抱えて座り、なんかブツブツつぶやき始めました。マルぼんは、ヒロシの脛に傷をつけた『殺傷能力はあるけど痛みはない刃物』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 11:14:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。