■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「マルぼんと未亡人」の巻
マルぼん、近所のペットショップの女主人にベタ惚れ。亡き夫の残した店を切り盛りするその姿に、惹かれまくりました。


 そんなわけで、「未来の世界の怪生物×未亡人」という夢のカップリングを成立させるべく、今日もお店に入り浸るのですが……


未亡人「最近、お店の売り上げが落ちていて」


「チャンスだ」とマルぼんは思いました。ここで店の売り上げに貢献すれば、未亡人はマルぼんに好意を抱き、うれしはずかし桃色パラダイスがはじまり、明日からこのブログは18禁になるでしょう。


マルぼん「このクスリを使いましょう。このクスリを使えば、ワンちゃんネコちゃんバカ売れです!」


 さっそくクスリをワンちゃんネコちゃんに投与するマルぼん。するとどうでしょう。恐ろしい数の客(なぜか皆、中年女性)が押し寄せ、あっという間に売り切れです!


未亡人「すごいクスリね。いったいどういうおクスリなの?」


マルぼん「町のスーパーで、不自然に形の整った『私、農薬で成長しました! たっぷり注がれました!』と自己主張している野菜が、一瞬で売切れた事件、知ってます? あれ、テレビで『農薬をたっぷり使った野菜は体に良い』って紹介されたかららしいんです。このクスリを投与したものは、たとえ紹介されていなくても、『テレビで体に良いと紹介された』ことになるんです。だからさっき来た客も、健康番組の主な視聴層である中年女性ばかりだったわけなんです。健康は最大の宣伝文句なのです! さぁ、これから忙しくなりますよっ」


 数日後、失意の未亡人は店をたたんで町を去り、マルぼんは失恋しました。リピーター客もたくさんいたのに、なんで。
スポンサーサイト


日記 | 17:10:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。