■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「キズミーベイベー」の巻
 ママさんの浮気が発覚(3日ぶり398回目)。温厚で名を馳せた、現在のパパさんもこれには激怒。


パパさん「まさかワシの財産目当てだったとは! この女狐!」


ママさん「ちがうの、ダーリン! 誤解なの、ダーリン! 愛しているわ、ダーリン! だから、その刃物のようなものをしまって!」


パパさん「貴様の体を掻っ捌き、どこに愛があるのか確かめてやる! 胃か!? 腸か!? 胆のうか!?」


ママさん「ぎにゃー!!」


パパさん「この女の血をひく貴様も、だ!」


ヒロシ「ぎにゃー!!」


マルぼん「ヒロシー!! 今助けるぞ!」


 マルぼんは機密道具『完治包帯』を取り出すと、包帯でヒロシをグルグルまきにしました。しばらくして包帯を取ると、パパさんに刺された傷が完治!


マルぼん「この包帯で体を巻かれた怪我人は、包帯を外すとありとあらゆる傷が癒えているんだ」


ヒロシ「なるほど。さすが機密道具だね。実は僕、目の前で父親が母親を刺すという光景をみたのに、命が奪われる瞬間を目撃したのに、別になんの感情も湧かないんだ。むしろ『やった。保険金ゲット!』『やった! ついに死におった!』『やった。これからあれこれ言われなくなる!』『やった! 明日から、付き合っている女性を家に連れ込める!』なんて、嬉しくてしかたがないくらい! 全然悲しくなかったのも、涙ひとつ流れなかったのも、心うきうきわくわくだったのも、『完治包帯』の効果で心の傷が癒えたからなんだね! 哀しみの源である心の傷が癒えたからなんだね! 心の傷があったら、悲しくて泣きじゃってくるはずだものね!!」


マルぼん「『完治包帯』に心の傷を癒す効果は、ない」


 その後、ヒロシは虫の死骸とか集めだしたりし、怖くなったマルぼんは、その手のお医者さんに色々託すことにしました。めでたしめでたし。


 
スポンサーサイト


日記 | 10:56:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。