■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「ぶつぶつ名物うまいものアリ」の巻
ヒロシ「連休を利用して、家族でクワトロ温泉へ行ってきたんだ。はい、お土産の『クワトロまんじゅう』」



ルナちゃん「いいな。クワトロ温泉ということは、名物の『シンタトクム鍋』を腹いっぱい食らってきたんでしょうね」


ヒロシ「は? シンタトクムナベ?」


ルナちゃん「え。シンタトクム鍋を知らないの? ということは、シンタトクム鍋を食べていないの? 信じられない!」


ヒロシ「えっと、えっと」


ルナちゃん「信じられない。信じられない。信じられなーい!」


ヒロシ「うええええん、マルぼん、その土地の名物を必ず食べることができる機密道具出してー!!」


マルぼん「仕方ないなぁ、ヒロシくんは。『名仏像』。この手のひらサイズの仏像を所持していたら、その土地の名物を必ず食べることができるんだ」


ヒロシ「わーい。さっそくだけど、わが微笑町の名物を食べてみたいなぁ」


マルぼん「微笑町は、昔は流刑地で、今はたんなる工業地帯だから、名物とかそんなのはないハズなんだが」


お兄ちゃん「きょー!!」


ヒロシ「わ!?」


 奇声をあげて部屋に飛び込んできた男が、突然、ヒロシの首を腕で絞め始めました。ヒロシは相手の腕を噛むなどして、必死で抵抗。絞める男と噛むヒロシ。


マルぼん「よく見たら、あの男、『お兄ちゃん』じゃないか」


『お兄ちゃん』は、平日の昼間から町をウロウロしている人です。たいていはぶつぶつとなにかを呟きながら歩いていて、常に裸足。たまにトランクス一丁です。ヒロシのクラスでは彼の『お兄ちゃん』の似顔絵と「この人要注意」と書かれたプリントが配布されたりしています。


 十年位前から同じ感じでウロウロしているので、もはや町の名物と化しています。そういえば、「地球はボクのおかあさんだから、この家もぼくのおかあさんなんだ」と言って、人の家に勝手に入り、トラブルを起こしていたという話を聞いたことがあります。絞めるお兄ちゃんと噛むヒロシ。絞めるお兄ちゃんと噛むヒロシ。絞めるお兄ちゃんと噛むヒロシ。ヒロシがお兄ちゃんの腕の一部を食いちぎったのと、お兄ちゃんがヒロシを逝去させたのは同時でした。司法解剖されたヒロシの異からは、食いちぎった腕の一部が見つかったそうです。


 マルぼんは、食べ物の名物がなければ、人間の名物を食べられるようにしてくれる『名仏像』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 13:08:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad