■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「立ち話好きの立花氏が語るヒロシは二十歳でタチ」の巻
 大沼宅の前が、主婦の社交場と化しました。近所の主婦の皆様方が、立ち話に次ぐ立ち話。他人の会話=自分の悪口と思ってしまうヒロシ、これはたまらない。


ヒロシ「悪口は止めろ。悪口は止めろ。悪口は止めろ。悪口は止めろ。悪口は止めろ。悪口は止めろ。」


マルぼん「こりゃいかん。立ち話をなんとかする道具を用意するよ」


 しかし。道具を用意する間もなく、ヒロシは凶器を持って主婦たちのところへ。しかし、たまたま主婦の1人が銃で武装していたので、反撃されて死亡。享年二十歳。現場検証で、国家権力の皆さんに事情を説明する主婦たち。代表格の、立花氏の奥さんが、国家権力と話しています。


国家権力「で、相手はどんな凶器で武装していたのです」


主婦「あれは日本刀でした! 刀身は1メートルあるかどうかってところでした!」


 凶器について語り合う一同。これがホントの太刀話。
 

 
スポンサーサイト


日記 | 16:21:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。