■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシ、火のない所には……」の巻
ルナちゃん「ナウマン象さん、なんだか最近機嫌が悪いわね」


ヒロシ「触るもの皆傷つけるような勢いで、周囲のものに八つ当たりをしているみたいだね。奥さんが泣いていたよ。『主人はかわってしまいました』って」


金歯「聞くところによると、禁煙しているらしいでおじゃるよ」


ヒロシ「また禁煙? これで何度目だよ。どうせ失敗するんだから、やめときゃいいのに」


ナウマン象「なんだカスども。みんなで集まって、また俺の悪口か。俺 の わ る く ち か」


一同「ちがいます、ちがいます」


ナウマン象「ひ、ひひひ。みんなみんな俺の悪口。悪口。また悪口。貴様ら、ギッタンギッタンにしてやるぞう!」


ヒロシ「堪忍してえ!」


ナウマン象「うるせえ、俺は今、イライラしているんだ! 喫煙してえ、喫煙してえ、喫煙してえよ!」


金歯「なら禁煙などやめればいいでおじゃろう!」


ナウマン象「嫁と娘が、喫煙する俺を、汚いものでも見るような目で睨むんだ。やめることなどできるものかよ。ああ、ちがう。ちがうんだよ、おとうさんは汚いものじゃないんだ。逃げないでおくれ、逃げないでおくれ。抱きしめさせておくれ。オトウサンハキタナクナイ。キタナクナイ」


ヒロシ「ナウマン象が壊れた!」


 そんなわけで、マルぼんはナウマン象が禁煙できるように、わざわざ機密道具を出してあげることにしました。


マルぼん「こいつは一見『ただ単に禁煙と書かれただけの紙』に見えますが、『絶対禁煙はり紙』という機密道具。この紙を貼ったら、その家の人は絶対に喫煙できない! タバコどころか、普通の煙もだせない」


ナウマン象「よし、そいつをよこせ」


 ナウマン象、さっそく自宅に『絶対禁煙はり紙』を貼ります。


ナウマン象「しかしこの紙切れ、本当に効果があるのかよ。どれ、実験がてら一服……」


憲兵「憲兵である!」


ナウマン象「え!?」


憲兵「先ごろ、我らが偉大なる町長閣下のご子息であらせられるボンソワーレよみひらさか様が、焚き火の煙を吸い込んでむせるという痛ましい事件があった。このような事件を二度と起こさぬため、本日ただいまより、微笑町では一切、煙を出すことが禁止された! 違反したものは収容所行きである!」


ナウマン象「お、おたすけー!」


ヒロシ「ははは。ナウマン象、強制連行だよ。はははは」


マルぼん「たいへんだ、庭で焚き火をしていたママさんが強制連行された!」


ヒロシ「ええ!?」


マルぼん「『絶対禁煙はり紙』の効果が絶大すぎたんだ」


ヒロシ「お、おのれ町長め。ちくしょう、おかあさんの敵をとってやる!」


憲兵「反逆罪で強制連行!」


 マルぼんは反逆の狼煙まで上げることが出来なくしてしまった『絶対禁煙はり紙』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 16:23:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。