■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「落とし穴」の巻
ヒロシ「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!! 死ぬぅぅぅぅぅぅ!」


ナウマン象「やた!」


金歯「ヒロシのヤツが落とし穴にはまったでおじゃる!」


ナウマン象「愉快痛快~」


ヒロシ「ひどいや! ひどいや!」


ヒロシ「というわけで復讐だっ。落とし穴を簡単に作ることのできる機密道具だして!」


マルぼん「機密道具カタログに、『落とし穴の種』ってのがあるね。こいつを埋めれば、速攻で落とし穴ができてしまうらしいよ」


ヒロシ「さっそく購入しようよ!」


マルぼん「あ、メーカーの人がこられたよ」


メーカーさん「こちらが『落とし穴の種』になります」


ヒロシ「わー。お値段はいくらですか。お高いんでしょ」


メーカーさん「ローンがあるので大丈夫ですよ。一日に支払うお値段は、コーヒー1杯分程度なんです」


ヒロシ「うわーお安い値段ですねー」


メーカーさん「そう言われるかたもおられますね、少なからず。では、こちら、売買契約書。サインをお願いします」


ヒロシ「はいー♪」


 さっそくヒロシは、空き地(近所の金持ちの私有地)に『落とし穴の種』を植えて、ナウマン象と金歯をおびき寄せました。


ナウマン象「おい、なんのよう…」


ヒロシ「えいっ!」


 ヒロシは速攻でナウマン象と金歯を落とし穴に突き落としました。


ヒロシ「ははは。かんろかんろ。思い知ったか」


金歯「お、おい。ナウマン象、落ちた時に頭を打ったみたいで、ピクリとも動かんでおじゃるぞ!」


 十数年後。


バーのママ「ふーん。お客さん、それで刑務所へ行ったの」


中年ヒロシ「それから、なにをやっても人生うまくいかへん。真面目にやろう思うても、あの事件がついて離れよらん。すべて台無しにしよる。果てが、このザマや。あのとき、あのとき落とし穴さえ作らなければ、ワシの人生、もうちょっとうまくいってたように思うわ。ほんま、人生はどこでなにがあるかわからへんもんやな……どこに落とし穴があるかわからへん」


 ヒロシの半生、完。また来世!
スポンサーサイト


日記 | 19:40:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。