■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒロシの仲間たち9  女優・鈴﨑なつ江
 10歳の頃、映画「千姫秘話・大坂大恋上」で、幼少期の主人公役でデビューして以来、70年以上のキャリアを持つ、昭和を代表する大女優。


 20歳の頃、映画「君の鏡あなたの鏡」で、当時の二枚目スター・嵐山全十郎の相手役で出演。その妖艶な演技は、なつ江についていた子役のイメージを払しょくし、彼女をいちやくスターの座に押し上げた。


 43歳の頃、女手一つで実家の魚屋を大財閥にまで押し上げ、『女太閤』の異名をもっていた唐峰さと子の生き方に感銘を受け、公私に渡り付き合いのあった作家・野辺真次郎に彼女の伝記の執筆を依頼する。そうして完成したのが『細腕太閤記』である。「細腕太閤記」はベストセラーとなり、間もなく映画化・舞台化・テレビドラマ化されたが、そのいずれもで、なつ江は主人公であるさと子役を演じた。特に舞台版は、自他共に認めるなつ江のライフワークとなり、上演年数は30年を越え、回数は2000回を突破する程になった。作中、さと子役のなつ江が反復横とびをものすごい勢いで行うシーンは、『細腕太閤記』だけではなく、なつ江自身の代名詞となり、「なつ江といえば反復横とび」と言う若いファンも多い。


 79歳の頃、低年齢女子向け特撮ドラマ『まほうしょうじょ・えたーなる☆ぽぷら』に、主人公の春﨑ぽぷら(10歳。聖エターナル小学校に通う小学3年生。実は魔法少女)役で出演。ぽぷらのお伴であるオラベー(天使のような翼の生えた子猫。人間の言葉を話す。関西弁で話す)がCGで処理されていることに対し、リアル志向のなつ江は立腹。「なら、私が本物のオラベーを作ってみせる」と言い放ち、自費で大量の猫を購入。微笑町にある某製薬メーカーの工場近くの池(頭がふたつある蛇とか、足が一杯あるカエルとかがしょっちゅう発見される)に、猫たちを投入れようとしたところを動物愛護団体に発見され、射殺された。


 自分の出演した映画やドラマで、主題歌を担当することが多かったなつ江。出棺の際は、彼女の代表曲である『はまち岬』『涙嵐』『雪の峠がせつなくて』『哀愁』『にゃぱ! ぽぷらは恋する乙女でしゅ!』などが流された。

 


主な登場回……第8話「大女優がやってきた。微笑町にやってきた」、第77話「やつらの足音が聞こえた!」ほか
スポンサーサイト


キャラクター図鑑 | 09:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。