■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシは現代の三遊亭圓朝!?」の巻
 金歯「そしたら赤ちゃんが一言いったのでおじゃる。『パパ、コンドハコロサナイデネ』って」


ナウマン象「ひえー」


ルナちゃん「なかなか怖い話ね」


 今日のヒロシども、季節外れの怪談大会です。部屋を暗くして、とっておきの怪談を
披露しあっています。


金歯「さて、次はヒロシの番でおじゃるよ」


ナウマン象「おいヒロシ、おまえ怖い話なんてあるのかよう」


ルナちゃん「そうよそうよ。この前の話なんて、さっぱり怖くなかったわ。えっと、なんだったかしら。そうそう。人食いバクテリアの話だったわね。人の喉の辺りには、『人食いバクテリア』と呼ばれる菌がいて、普通は無害なんだけど、なにかのきっかけで活動を開始したら最後、体中の細胞という細胞が光の速さで侵食されて、どんどん腐っていくという話。バクテリアがどういうきっかけで動き出すのかは、現代医学をもってしても皆目検討がつかず、実質、不知の病であるという話。ここ数年、患者の数が急増しているという話。まったく怖くなかったわ」


金歯「そうでおじゃるそうでおじゃる」


ヒロシ(ふふん。まぁ、見てな、とっておきの怖い話を披露してやんよ)


 ヒロシ、余裕の笑み。実はマルぼんに機密道具をだしてもらっているのです。『怪談ドロップ』。このドロップを舐めてから口にした話は、全て怪談になってしまうのです。


ルナちゃん「あんなカスみたいな話をして、よく今回の怪談大会に顔を出せたものね」


ヒロシ「たしかに僕は今回の怪談大会に出席しました。前回の失敗があるにも関わらずね。でも、それは今回の話に自信があるからです。さて、ではさっそくはじめましょうか。これは、僕の友人の親戚の弟の恋人の不倫相手の上司が本当に体験した話……」


 ヒロシが話し始めた矢先、突然、ルナちゃんの携帯電話が鳴りました。


ルナちゃん「はい、もしもし。ルナちゃんです。ああ、どうも……え?」


 ルナちゃんの顔色が変わりました。しばらく話していたかと思うと、ルナちゃん、ナウマン象と金歯を呼んで、なにやらこそこそと話をしています。ナウマン象と金歯の顔色も変わりました。


ヒロシ「おい、どうしたんだよ。話の続きはいいのん?」


ナウマン象「おい、ヒロシ」


ヒロシ「うん?」


ルナちゃん「今の電話ね、マルちゃんからだったんだけど……あのね」


ヒロシ「マルぼんからだって?」


金歯「ヒロシ……うぬは、1時間ほど前、病院で息をひきとったそうでおじゃる」


ヒロシ「はい?」


ナウマン象「今回の怪談大会にでるために道を歩いている時によう」


ルナちゃん「トラックにはねられて」


金歯「搬送先の病院で」


ヒロシ「バカなこというな。なら、ここにいる僕はなんなんだよ。君たちが話をしている、この僕は」


ナウマン象「! ヒ、ヒロシ、自分の足元を見てみろ!」


 言われるままに自分の足元を見るヒロシ。愕然。ヒロシの足元は透けて見えていました。さらには影もなくなっています。鏡に体が映らなくなっています。頭上に金色のわっかが浮かんでいます。


ヒロシ「これ、これ、これは」


ルナちゃん「あなた、死んだことに気づいていないのよ」


ヒロシ「すると、僕は幽霊に」


 どんな話でも怪談にしてしまう『怪談ドロップ』。その力は、ヒロシの『たしかに僕は今回の怪談大会に出席しました』という言葉を怪談にしてしまったのです。死んだはずの人がやってきたという怪談に。
スポンサーサイト


日記 | 09:05:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。