■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「モンスターだらけ」の巻
ヒロシ「うえーん! マルぼんー!!」


 ヒロシが泣きながら帰ってきました。


マルぼん「どうした?」

ヒロシ「金歯のヤツが、自分ちの科学力で奇形…じゃなくて怪生物を生み出して、それを打ち殺して『朕こそ勇者!』と遊び狂っているらしいんだ! 金歯の家の庭は、まるでファンタジーの世界みたいになっていて、とても楽しいらしいんだよ~」


マルぼん「『某所の裏の池から採取された水』これを飲ませれば、どんな生物でも奇形…じゃなくて、怪しい生き物になる。それを殺して勇者を気取れば」


ヒロシ「生き物殺すの勘弁だよう。夢でうなされそうで。殺すとかなしで、化け物を見るだけでいいから! それでファンタジー気分を味わいたい!」


マルぼん「それならば…『冒険ハット』! この帽子を被れば、どんなものでも怪物とかモンスターに見えるようになる。これでそこらを怪物だらけにすれば、自分がファンタジーの世界にいるかのような気分を味わえるわけだ」


ヒロシ「わーい!」


 さっそく『冒険ハット』を被るヒロシ。


ヒロシ「うわ。本当にあたりが化け物だらけに見えるね。窓の外を、ドラゴンの群れが飛んでいるよ!」


マルぼん「あれは単なるハトの群れだね。ドラゴンに見えるんだ」


ヒロシ「へー。元はハトか。じゃあ、そこ、部屋の片隅に横たわっている血みどろの女の子のモンスター。元はなんなんだろ」


マルぼん「……部屋の片隅にはなにもないよ? 誰もいないよ? そういえば一年前、庭で見知らぬ女の子の遺体が放置されている事件があったっけ」


 恐怖から狂乱状態になるヒロシ。マルぼんは薬品などを使用して、なんとか落ち着かせました。


ヒロシ「うう。化け物なんてこりごりだぁ」


 そりゃそうです。機密道具を使ってまで化け物を見るなんて、ほんと馬鹿です。だいいち……


ママさん「ヒロシの保険金で買う車、決めた?」


パパさん「まだだよ、ハニー。それよか、はやくヒロシには逝ってもらわないとなぁ」


ママさん「保険金もいいけど、死んだあと、生きていることにしとくのもいいかも。児童手当もらえるし」


 無理して見なくても、21世紀には人の皮を被った化け物がたくさんいるんですから。
スポンサーサイト


日記 | 19:23:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。