■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ぬくもりのなかで……
 よせばいいのに、金歯宅へ遊びに行ったヒロシとルナちゃん。そこで繰り広げられるのは、自慢の嵐。自慢の嵐。大正桜に自慢の嵐。


金歯「ほら、このタンスをご覧。これは、子供を狙った殺人犯ばかりが収監されるサイハテブリズンで、受刑者が作業の一環として作ったタンスなのでおじゃる。むろん、手作り!」


金歯「朕が着ているこの服は、痴漢で捕まったやつのみが収監されるエクスタシープリズンの囚人が作ったもの」


金歯「朕の家にあるものは、みーんな手作りなんでおじゃる。ひとつひとつ、心をこめて作られた、手作りばかりなのでおじゃる」


金歯「どうせ、うぬらの家にあるものは、機械のパワーで大量生産された粗悪品でおじゃろ。温もりも何も感じない、文明社会の負の遺産ばかりでおじゃろ?悲しいね。せつないね。生きててさびしくならないでおじゃるか?」


ルナちゃん「どちくしょう!! うらやましいー! 私も、身の回りのものを手作り品で固めて、人の温もりに包まれた生活を送りたーい。でも、手作りのものを買う経済的余裕、皆無ー(カネがあったらお布施するから)。いろんなものを作れる男の人ってかっこいいー(ちらっ)」


ヒロシ「ルナちゃんが僕に期待しておられる。メインヒロインが僕に期待しておられる!」


 フラグをたてるチャンス、到来だよ! 御帰宅したヒロシさん。当然、マルぼんに泣きつきやがります。


ヒロシ「不器用な僕でも、なんでもかんでも手作りできるようになる道具だしてー!!」


マルぼん「まかせな」


 そんなわけでマルぼんが出した機密道具は


マルぼん「『ハンド・メイド・フィギュア』~」


 手のひらサイズの、小さなメイドさんフィギュアでした。


マルぼん「こいつを置いておくと、ものすごい勢いで、なんでも手作りできる技術が身につくんだ『ハンドメイド』と『メイドさん』をかけた、マルぼん渾身の機密道具さ」


ヒロシ「パクリやん。『HAND MAID マイ』の続きを、いまだに待っている僕をなめてんの? ブチ死なすよ?」


マルぼん「ごめんなさい」


 パクリだけど、効果はオリジナルです。念のため。


マルぼん「とりあえず今夜一晩、枕元にでも置いておけば、すこしづつ効果が現れるはずだ」


ヒロシ「よし! ルナちゃんフラグ、ゲットだぜ!」


 そんなわけで翌朝。


マルぼん「おい、起きろ」


ヒロシ「なんだよ……今日は登校拒否だよ、登校拒否。僕は義務教育に叛旗を翻したアウトローを気取るって今決めたんだ」


マルぼん「いいから起きろ。そして手を見てみろ」


ヒロシ「ったく。なんだよ……。って、ああ!?」


 なんということでしょう。ヒロシの手が、なんといいましょうか、「親と子が肩を寄せ合い、笑いながら楽しめるブログ」を目指す『マルぼんと暮らす』にはそぐわない、わいせつ物、でも、人類の繁栄のためには欠かせないアレ。「ち」で始まったりとか、「ぺ」で始まったりとか、「だ」で始まったりとかする、アレと化していたのです。


 しかも両手とも。


ヒロシ「ふはっ! なんだよこれーこれー!!」


マルぼん「手にモザイクがかかる道具だしてやるから、残りの人生、笑顔を忘れぬように生きろ」


ヒロシ「そういう努力はするつもりだけど、なんでこんなになっているんだよー!!」


マルぼん「『ハンド・メイド・フィギュア』の効果さ。なんでもかんでも手作りできるようになるんだ。そりゃ子供だって手で作るようになるさ」

スポンサーサイト


日記 | 10:49:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。