■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「死ぬまでがんばれ大沼ヒロシ」の巻
 微笑町小学校の野球チームの試合を応援しに来たヒロシ。


ヒロシ(寝転んで鼻をほじりながら)「あーつまんねー。応援しがいのない試合」


マルぼん「でもほら、監督のナウマン象が応援しないキサマを睨みつけているよ。あとで酷いことになるかも」


ヒロシ「ど、どうしよう。どうがんばっても、とてもじゃないけど、応援する情熱がもてないんだ」


マルぼん「この霧吹きに入っている液体を、手につけてみなよ」


ヒロシ「つけたよ。なんかくさいね、この液体」


マルぼん「その手をギュっと握る」


ヒロシ「握ったよ」


マルぼん「そいつは、みらいの世界のフーリガン1200人の汗を集めて作った液体。そいつを手につけて、その手をギュッと握れば、どんなおもしろくない試合でも、心を込めて応援してしまうようになる」


ヒロシ「くさいけど、すごい機密道具だね」


未来百貨店店員「ああ、遅かった!」


マルぼん「どうしたんですか」


未来百貨店店員「実は、この前お売りした例の『汗』なんですけど、不良品でして、こいつをつけた手は、半日後に壊死してしまうのです」


ヒロシ「ええ!?」


未来百貨店店員「現在、ワクチンを鋭意製作中なんですが、半日後に完成するかしないかという状態でして」


ヒロシ「ちょ、がんばって、がんばって早くワクチンを完成させるように言ってくださいよ!」


未来世界百貨店店員「こちらのモニターでワクチン開発の様子を見ることができます」


ヒロシ「がんばって! お願いだからがんばって!」


 ワクチンを開発している人々が映っているモニターに向かって、必死で応援するヒロシ。

スポンサーサイト


日記 | 11:35:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。