■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシとハンマーブロス」の巻
ヒロシ「おーい、ナウマン象ー」


ナウマン象「うん? ヒロシじゃねえか、昨日、あれだけボコボコに痛めつけてやったのに、えらく元気だな、おい」


ヒロシ「ナウマン象、実は僕、殴られることに喜びを感じるようになったんだ。痛みを快楽にかえるスキルを身につけたんだよ! だからさ、このハンマーで思いっきり、僕の頭を殴って! 辱めて!」


ナウマン象「はぁ?」


マルぼん「マルぼんからもお願い。そのハンマーでヒロシの頭を殴ってあげて。お金も払うから」


ナウマン象「まぁ、性癖は人それぞれだしな。分かった。殴ってやんよ」


 ナウマン象、ハンマーを受け取ると、そいつを使って思いっきりヒロシの頭を殴りました。ヒロシの頭には大きなコブができました。


ナウマン象「さぁ、殴ってやったぞ。約束の金をいただこうか」


ヒロシ「そんなもの……払うかよ!」


 ヒロシ、いきなりナウマン象に殴りかかります。殴られたナウマン象は吹っ飛ばされ、近くの壁に激突。


ナウマン象「な、なんだこのパンチ……! 昨日のヒロシのヘナチョコパンチが嘘みたいな威力!」


ヒロシ「ふふふ。これは『キミのパンチ』だよ、ナウマン象」


ナウマン象「なんだと?」


マルぼん「このハンマーは機密道具なんだ。このハンマーで人の頭を殴ると、殴られた人の頭にコブができる。そのコブは『五分コブ』という特殊なコブでね、『「五分コブ」ができた人の能力』を『ハンマーで殴った人の能力』と同じにしてしまう効果があるんだ。つまり、今のヒロシの力はね、ナウマン象、キミとそっくり同じ。五分五分の状態なんだ」


ヒロシ「昨日は圧倒的な能力の差で、ボロ雑巾のようにされた僕だけど、能力が同じなら話は別。貴様には負けない」


ナウマン象「よくわかねえが、よくわかんねえが……貴様などにやらせてたまるかよ!」


 そしてはじまるヒロシとナウマン象の死闘。攻撃力も、防御力も、知力も、洞察力も、移動力も、全てが五分五分なのでまるで決着がつきませんでしたが、数時間後、戦いは終結。勝者は……


ヒロシ「殺ったー!」


 大沼ヒロシその人でした。


マルぼん「やったな、ヒロシ!」


ヒロシ「マルぼんのおかげだよ、いやー、ついにナウマン象に勝利した! 祝いにラーメンでも食べに行こう!」


黒服「あ、おったおった。あんなところでのびとるな。おい、起きろや、ナウマン象。のびとらんで、金返せ」


ナウマン象「きゅう」


ヒロシ「あれは町の闇金融の人じゃないか」


マルぼん「ナウマン象、多額の借金を抱えているらしいからねえ」


黒服「あかん、こりゃ再起不能や。仕方ない。大沼、お前が払え」


ヒロシ「え、ど、どうしてです!?」


黒服「ほら、この借用書。保証人の欄を見てみ」


ヒロシ「ぼぼぼぼぼぼぼくのハンコ(実印)とサインが! そういえば、この前ナウマン象に頼まれたっけ!」


黒服「さぁ、払え。今払え。すぐ払え! さぁ! さぁ! いやなら臓器をすぐ渡せ!」


 マルぼんは、ヒロシの攻撃力も、防御力も、知力も、洞察力も、移動力も、経済力も、全ての能力をナウマン象と同じにしてしまった『五分コブ』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 16:23:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。