■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「さよならマルぼん(もうくるな)」の巻

マルぼん「ヒロシくん、マルぼんは未来の世界へ帰還するよ」


ヒロシ「な、なんだって!? なんだってー!?」


マルぼん「マルぼんは、色々ともう駄目なんだ。未来の世界で静養しなければならなくなった」


ヒロシ「まって、まってくれよ! 行かないでよ、僕に1人にしないでくれよ!」


マルぼん「本当に、そう思っている?」


ヒロシ「当たり前だろ! 僕たちは、親友だ!!」


マルぼん「その言葉を聞きたかった。…これを」


ヒロシ「これは…なにかの苗?」


マルぼん「『カ苗』。強い想いを抱き、この苗を成長させきると、どんな願いもかなう」


ヒロシ「これを育てきれば、マルぼんと再会できるんだね?」


マルぼん「うん」


 その夜、マルぼんは未来の世界へと帰りました。


 母さんも父さんもルナちゃんもナウマン像の金歯も、みんなマルぼんのことを忘れていましたが、僕は忘れていませんでした。マルぼんが帰った日から、僕はずっと、『カ苗』の世話をしています。「はやく大きくなれ」と願いながら。


 そして時は流れて。


 仕事をしていると、電話があった。春子に付き添ってくれているルナちゃんからだった。


「春子さん、陣痛はじまったよ!!」


 その時が、きた。僕が父親になるときが来たのだ。


 上司に事情を説明した後、僕は会社を出た。犯罪スレスレのスピードで車を走らせ、病院へと向かう。


「大沼さん、はやく、分娩室へ!!」


 病院に着くなり、看護師が早口でまくしたててきた。分娩室の場所は知っている。僕は走った。


「あ、う、ヒロシ…」


「春子!!」


 分娩台の上で汗だくになり、苦しそうに喘いでいる春子。


「がんばれよ、がんばれ。僕は、ここにいるから」


 それしか言えなかった。


「う、うう。な、苗は?」


 苗。春子と知り合う前から、僕が育てていた苗のことだ。なんで育てているのは思い出せないけど、とにかく大切に育てていた苗。


「そんなもの、今はどうでもいいだろ」


「で、でも、ヒロシの大切な、苗でしょ」


「そりゃ大切だけど、今は、春子と…子供のほうが大切だ!!」


 必死で覚えたラ・マーズ法を発揮しながら、僕は春子と子供の無事を願った。短いようで長い、長いようで短い、そんな一瞬だった。


「生まれ…生まれました!! 女の子ですよ!!」


「女の子、春子、女の子だっ!!」


 取り上げた我が娘を看護士から受け取る。


 僕に似ているのか、春子に似ているのか。


「さぁ、顔を見せてくれ!!」


「久しぶりだね、ヒロシくん」


 気の弱い人が見たら石化しそうな顔をし、鼻血がでそうなくらいの異臭を放ちながら、娘は……いや、マルぼんは言った。僕は『カ苗』の効果は絶大だと思った。
スポンサーサイト


日記 | 20:05:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad