■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「大逆転! 永遠に続く快楽!」の巻
マルぼん「ヒロシ! おい、ヒロシ! 絶対に儲かるすばらしい投資話を耳にしたぞ! 全財産、マルぼんに
託して!!」


ヒロシ「無理です、無理。無理無理」


マルぼん「なんでさ。この前、お小遣いもらっていたろ」


ヒロシ「あの金なら、小豆相場にすべてつぎ込んだ!!」


マルぼん「バッカじゃなかろうか!!」


 貯金などせず、金を湯水の如く使うヒロシ。なんという愚か者。こいつは楽して儲けることしか考えていない。なんという愚か者。


 マルぼんは貯蓄の大切さを理解させるため『アリとキリギリイス』という機密道具を出しました。


 このイス型機密道具は、座ることによって『なにかを貯蓄することで、至高の快楽を得ることのできる体質』に体を改良してしまうのです。


マルぼん「貯めれば貯めるほど、快楽は大きくなるんだ」


ヒロシ「あ、う。ほんとだ。なんか、なんかせつない……」


マルぼん「ほら、この貯金箱に10円を入れてごらん」


ヒロシ「こ、これは…これはー!! う、ううう。貯金最高ー!! 貯蓄最高ー!!!!」


 こうしてヒロシは、貯蓄という快楽の下僕となったのでした。そして…


ママさん「ヒロくん、朝よ。そろそろ学校へ行かないと」


ヒロシ「行かないよ、僕、学校行かないよ」


パパさん「なんだと、このろくでなし!! びしっびしっ(顔にしつけをした音です。家庭内暴力ではありません)」


ヒロシ「僕、この前のテストでカンニングしたよ」


パパさん「なんだと、このひとでなし!! びしっびしっ(顔にしつけをした音です。しつこいようですが、家庭内暴力ではありません)」


ヒロシ「僕、背中に『ルナちゃんは俺の惚れている』という文字を彫りましたよ」


パパさん「なんだと、この将来に希望なし!! びしっびしっ(顔にしつけをした音です。人の家庭のことにかまわないでください)」


ヒロシ「うう…」


マルぼん「おい、ヒロシ。なんでわざと親に怒られるようなことばかりするんだよ。もう、学校や病院も『こけた時にできた傷』じゃごまかせないぞ」


ヒロシ「う、うへへへ…」


マルぼん「!! この目!! この目は、快楽を貪っている男の目だ!! 『アリとキリギリイス』の効果だな!? おまえ、なにを貯めている、金じゃないな…あ、そうか…そうか…」


マルぼん「ストレスだな!!」


 ヒロシはびしびしと自分の体を叩き始め、マルぼんの言うことなど聞いていませんでした。
スポンサーサイト


日記 | 16:11:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。