■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヒロシ、聞こえそうな鼓動が恥ずかしいから切腹。どうして私らしくはないから介錯」の巻
ヒロシ「隣町にさ、大藪医院ができたんだってさ!」


 大藪医院は、最近流行のフランチャイズ式の病院です。「手術はするけど、傷口の縫合はセルフサービス」「残念ながら物言わぬようになった患者さんは、路上に遺棄」「消毒なし」「当直の医師・看護師はチンパンジー」といった徹底的なコスト削減で、奇跡の低価格を実現。おにのようなスピードで、全国各地に支店をオープンさせているのです。


ヒロシ「わが微笑町にもできないかなぁ『大藪医院』」


マルぼん「微笑町は地図にも載っていないような町だからなぁ。でも、これを使えば、なんとかなるかも。『支店帖』。この手帖の表紙に『微笑町』と書いてみ」


ヒロシ「書いたよ」


マルぼん「次は、そうだな。最初のページに『大藪医院』と書く」


ヒロシ「書いた」


ママさん「そこのスーパーが潰れて、『大藪医院』ができるって!」


マルぼん「この手帖に書いたお店はね、たとえどんなお店だとしても、表紙に書いた町に支店ができるんだ」


ヒロシ「すごい機密道具だね。なくしたら大変だ。きちんと名前を書かないと。『大沼』っと」


パパさん「ぎゃー!」


ママさん「この口が、この口があの女の口を吸ったのか! この手があの女の髪にふれたんかー!!」


パパさん「包丁は武器じゃない! 美味しい料理を作って、人々に笑顔をもたらすアイテムなんだ。だから、ぎゃー!!」


マルぼん「なになに、また殺しあっているよ、あの夫婦」


ヒロシ「父さん、町内のマンションに若い女性を囲っていたらしいんだ。僕の腹違いの弟だか妹もいるみたいだねえ」


 こうして、微笑町内に大沼家の支店ができたのでした。
スポンサーサイト


日記 | 21:08:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。