■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「うへへ……奥さん、騒いでも無駄ですよ。誰もいないんです。ロマンティックを止める人はね」の巻
ヒロシ「このまま平凡な人生を送り、老いて死んでいくんだ。僕は」


マルぼん「人の一生なんて、宇宙全体からすれば鬼のように一瞬だもんね。つまらない人生だったね」


ヒロシ「い、いやだいやだ。僕は…僕は特別な人生を送りたい」


マルぼん「それならこいつを使う。『ロマンキック』」


ヒロシ「なにこれ、人型のロボじゃないの」


マルぼん「キックボクサーのロボなんだ。こいつのキックを食らえば食らうほど、ロマンチックな人生を送ることができる。さぁ、『ロマンキック』よ、ヒロシを蹴れ!」


ロマンキック「ほぁたぁ!!」


ヒロシ「ぶごっ」


金歯「ヒロシ、朕とうぬは、実は兄弟!!」


ヒロシ「ええ!?」


マルぼん「蹴れ!!」


ロマンキック「おあちゃー!!」


ヒロシ「ぶべっ」


ナウマン象「あたい、実は女だったの!! ヒロシおにいちゃん、だーいすきっ」


ヒロシ「ええ!?」


マルぼん「蹴れ!!蹴れ!!」


ロマンキック「ほぁたぁ!!」


ヒロシ「うごっ」


ルナちゃん「ヒロシ…私の息子。私の……」


ヒロシ「ええ!?」


マルぼん「蹴れ!!蹴れ!!蹴れ!!」


ヒロシ「ぎゃっ。やめ、やめてけれ!! やめてけれ!! ぱやぱや」


マルぼん「あ、逃げるな!! 運命という名のイニシエーションは終わっていないんだぞ!!」


ヒロシ「外なら安全だ。って、ああ!?」


 キキーッ ドンッ パーポーパーポー…


 それから10年。今年も夏がやってきました。ヒロシが星になった夏が。マルぼんは、今年もヒロシに会いにきました。


マルぼん「暑いなぁ、ヒロシ」


 ヒロシの墓石に話しかけるマルぼん。そこに1人の男がやってきました。ヒロシを轢いたトラックの運転手でした。


男「あ…!!」


マルぼん「まだ…墓参りに来てくれているんですね」


男「償っても…償いきれないですから」


マルぼん「でも、法的な償いは終わっていますよ」


男「心の償いは続きます。私が死んでも」


マルぼん「……」


 まぁ、あれです。本人がいなくても、ドラマチックな人生は進んでいくという話です。ばっははーい。
スポンサーサイト


日記 | 19:02:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。