■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「水のカイナッツォと磯野カツオ、どちらが強い」の巻
 ヒロシと金歯の将棋大会が開催され、ヒロシは見事勝利したのですが、「観戦していた人々を感動させた」として金歯が勝ったことになりました。審査員は、金歯の親父さんが選んだ人たちでした。


ヒロシ「負けるが勝ちとは、よく言ったものだよね」


マルぼん「そうだね?」


ヒロシ「負けても勝てる機密道具出してぇ! どうしても勝たなくてはいけない勝負があるの!」


マルぼん「『タートルセーター』。このセーターを着ている状態だと、どんな勝負でも勝てる。たとえ負けても、世間的には勝ったような扱いになる」


ヒロシ「着用! 行ってくる!」


マルぼん「やれやれ。落ち着かないお人だ。にしても、絶対負けられない勝負とは?」


前髪で顔が隠れている両親が出張中で現在1人暮らしの高校生くん「あははは」


ルナちゃん「あはははは」


ヒロシ「前髪で顔が隠れていて、両親が出張中で現在1人暮らしの高校生くんめ、あんなにルナちゃんと親しげに!」


 負けられない勝負とは、ルナちゃんをめぐる恋の戦だったのです。


ヒロシ「この『タートルセーター』の力さえあれば。って、ああ!?」


 暴走したトラックが、ヒロシをどーん。血がどびゅー。内臓ぐちゃー。


 数年後。そこには、ヒロシの墓前に花を供えるルナちゃんの姿が。


前髪で顔が隠れている両親が出張中で現在1人暮らしの高校生くん「ルナちゃん、例のプロポーズの答えだけど」


ルナちゃん「ごめんなさい。私…」


前髪で顔が隠れている両親が出張中で現在1人暮らしの高校生くん「そう、か」


ルナちゃん「ほんとごめん」


 去っていくルナちゃん。前髪で顔が隠れている両親が出張中で現在1人暮らしの高校生くんは、ヒロシの墓を見つめています。


両親が出張中で現在1人暮らしの高校生くん「卑怯だぞ、ヒロシ、ルナちゃんの心の中にはいまでもオマエがいる。死んだやつには勝てねえよ」


 マルぼんは、『タートルセーター』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。