■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ごめんね素直じゃなくて、ですって? 謝るだけではなくて誠意がみたいわ!」の巻
ルナちゃん「ヒロシさん、持っているだけで幸せになるツボが、今ならたったの50万円」


ヒロシ「買っちゃいますですー」


 ルナちゃんの醸し出す萌えに負けて、50万円するカスみたいなツボを買ってしまった大沼ヒロシさん……


ヒロシ「たすけておくれよ、マルぼん氏!」


マルぼん「『逆値札』。この値札に好きな値段を書く。値段を書いた値札を貼ったものは、どんなものであろうと
その値段の価値になる」


 マルぼんは『逆値札』に60万円と書き、ツボに貼りました。すると。


パパさん「おい、宗教は儲かるらしいぞ! ちょうどいい、このツボ、そこらのじいさんに『持っていると若返る』とか言って売りつけてきてやる。なに、好きな子から買ったツボだから売りたくないだと? しかたねえな。競馬で大穴当てたから、金をやるよ。ほら、60万円!」


ヒロシ「すっげ!」


マルぼん「『逆値札』の効果は絶大なんだ」


ヒロシ「この値札に『300万円』とか書いて自分に貼れば、僕は300万円の価値の人間になるのではなかろうか」


『逆値札』に「300万円」と書いて、己の体に貼るヒロシ。


パパさん「すまねえ、ヒロシ。取引先と揉めた! 逝去させちまった!  犯人はお前って、警察に電話しといたから!」


 返り血を浴びて真っ赤になったパパさんが帰ってきて、そう言いました。







ニュース『この事件について事情を知っているとみられる、小学生・大沼ヒロシくんは現在所在不明です。被害者の遺族は、事情を知っているという小学生・大沼ヒロシさんの有料情報に、
300万円を払うと発表し…』







 マルぼんは、『逆値札』の効果は絶大だと思いました。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。