■プロフィール

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ぶるわぁ! 完全体」の巻
ヒロシ「ああー! ネットで注文していて本日ようやく到着した『わんぱく容疑者 シドロとモドロ』の
最新刊、帯がついていない! ちくしょう、苦情だ、苦情の電話だ!」


マルぼん「帯くらいいいじゃないの。きちんと読むことさえできれば」


ヒロシ「いいものかよ! マニアにとっては、帯は本そのものよりも大切な場合があるんだぜ! 帯があってはじめて完全なんだ! 帯がなきゃ、不完全さ! 激しく不完全さー!」


マルぼん「不完全こその美しさもあるんじゃないカナ? あるんじゃないカナ?」


 マルぼんが心のこもった説得をしたものの、「帯がない、帯を返せ、いっそのこと殺せ」とヒロシが騒ぎます。「私、もう、限界! この子のこと愛せない!」と思ったマルぼんは機密道具を出すことにしました。


マルぼん「『完全判』。この判子を押したものは、なんでも完全になってしまう。たとえば、半分食べてしまったケーキに押すと、食べた部分が復活して完全な状態になる」


 マルぼんが、『わんぱく容疑者 シドロとモドロ』の単行本に『完全判』を押すと、失われた秘宝こと帯がいきなり湧いて出ました。


ヒロシ「すごいや、これでマニア仲間に『貴様の単行本、帯がないじゃないか。ぷっ(笑)』とバカに
されずにすむぞう!」


 喜んでいたヒロシ、じっと『完全判』を見つめます。


ヒロシ「これを自分の体に押せば、もしかしたら僕は完全な人間になれるのではなかろうか」


 自分の体に『完全判』を押すヒロシ。しかし、なにも変わったことはナシ!


ヒロシ「さすがにそんな虫がいい話はないか。ふう。あきらめて、『わんぱく容疑者 シドロとモドロ』
の最新刊でも堪能するかぁ。どれどれ。って、痛っ」


 さすが新刊本。紙の端がするどくなっていて、ヒロシは指先を少し切ってしまいました。


ヒロシ「あれ?」


 なんということでしょう。切り傷がすごい勢いで広がっていきます。ヒロシは声ひとつ出せません。
傷はあっというまヒロシの指を裂き、手のひらを裂き、腕を裂き、体を裂き、ヒロシの体を完全に2つにひき裂いてしまいました。そう、完全に。マルぼんは、切り傷まで完全にしてしまう『完全判』の効果は絶大だと思いました。
スポンサーサイト


日記 | 15:11:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。