■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「故郷へ」の巻
マルぼん「ナウマン象が田舎に帰るんだって」


ヒロシ「ああ。借金がどうしようもなくなってんで、家族で帰るんだってさ。たしか、今日の深夜に出発するとか言っていたよ」


 なんか札束とか数えているヒロシ。


ヒロシ「債権者っていうからヤクザみたいな人かと思いきや、けっこうはずんでくれたよ。世の中、悪人なんていないんだ」


 明日から新しいガキ大将が登場しそうです。


ヒロシ「でもいいなぁ。帰省か。僕も帰省したいなぁ」


マルぼん「すればいいじゃないの、帰省ぐらい」


ヒロシ「うちの家は代々微笑町に住んでいるからね。そもそも帰省する場所がないんだ」


 江戸時代は罪人の流刑地として、強制労働のメッカと言われていた微笑町。現在の住人の多くも罪人の子孫なので、田舎がある人はほとんどいません。


マルぼん「あ、でも、最近、新しいパパさんになったあのおじさんは、たしか生まれ故郷が南のほうだと言ってたよ。そこに連れていってもらいなよ」


ヒロシ「なんか故郷のことは話したがらないから無理じゃないかしら」


マルぼん「そいならこれを使ってみるか。『帰省奇声拡声器』」


 この『帰省奇声拡声器』を使って奇声をあげる。その奇声を聞いた人は、急に里心がついて、田舎に帰りたくてしょうがなくなる。


 マルぼんとヒロシは、『帰省奇声拡声器』を持ってパパさんの部屋へ。寝ているパパさんに向かって『帰省奇声拡声器』を向けて


ヒロシ「んぎぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」


マルぼん「ぬぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


パパさん「なんだ、うるさいな」


ヒロシ「おい、なんにもならねえぞ」


マルぼん「パパさんの『故郷のことは忘れたい』という意識が強すぎるんだ! もっと寄生を浴びせかけなきゃ!」


ヒロシ「んぎぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」


マルぼん「ぬぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


ヒロシ「んぎぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」


マルぼん「ぬぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


ヒロシ「んぎぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」


マルぼん「ぬぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


 近所からの苦情も無視して、マルぼんとヒロシは寄生を発し続けました。そのかいもあり


パパさん「おし。車に乗ってくれ。行こう。故郷へ」


ヒロシ「やった! 帰省だ、帰省!」


 マルぼんとヒロシとパパさんを乗せた車は一路、パパさんの故郷へ! で、しばらく後、車はダムの近くにさしかかったのです。


ヒロシ「あれ、ダム? お父さん、ダムだよ!?」


マルぼん「パパさん、このまま進んだら…ダムにドボン!ですぞ!」


パパさん「ここなんだ」


マルぼん「え」


パパさん「このダムの底に、私の故郷の村があるんだ」


 パパさんは、アクセルを勢いつけて踏みました。車は、パパさん故郷に向かって突き進みました。止まることなく、突き進みました。マルぼんは、『帰省奇声拡声器』の効果は絶大だと
スポンサーサイト


日記 | 20:37:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。