■プロフィール

大沼ヒロシ

Author:大沼ヒロシ
大沼ヒロシと申します。ブログはじめたての初心者です。どうぞよろしく。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ミステリアス」の巻
ルナちゃん「好みのタイプ? そうね、ミステリアスな人かなー」


ヒロシ「ミステリアスな人間になれる機密道具だして!」


マルぼん「速攻だな、おい」


 マルぼんは飲んだ人は、とてもミステリアスな存在になることができる『ミステリア酢』という酢をだしました。


ヒロシ「ぐびぐびぐびぐび。げぷっ」


マルぼん「あ、飲みすぎだぞ! 『ミステリア酢』は飲みすぎると発狂するんだ」


ヒロシ「ウけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけ」


マルぼん「時、既に遅しー!」


 発狂したヒロシは、生まれたままの姿になると外に飛び出し、雑草とか道に落ちている紙くずとかをむしゃむしゃと食べ始めました。


ヒロシ「気持ちEEEEEEEEEEEEEEEE!!」


少女「ねえ、ママ。あのおにいちゃん、なんで裸体なの?」


母親「しっ。見ちゃダメよ!」


ヒロシ「ウンマーイ。雑草ウンマーイ。紙くずウンマーイ」


少女「どうして なんで落ちているものを食べているの? もしかして、前世で飽食の限りを尽くした因果で、そういうことになっているの?」


母親「だから見ちゃダメよ!」


少女「なんで見ちゃダメなの?」


母親「関わっちゃダメなの! あの男の子はそういうタイプの人なの!」


少女「ふうん。不思議なおにいちゃんだね」


 災い転じて福となすとは、まさにこのことだとマルぼんは思いました。

スポンサーサイト


日記 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。